履歴書はパソコン入力すれば有利になる!web提出のチェックポイント

履歴書 web 提出

最近は履歴書をパソコンで入力して、自分のデーターを全て登録することで、複数の転職先を探せるweb提出が当たり前になってきています。

最初に履歴書の情報を入力するのは大変ですが、それが基本データーとなり、転職企業のへの応募の際にすぐに利用できるので便利なweb提出を使ってみましょう。

web提出

私も転職活動していた時には、実際利用したことがあり、履歴書をパソコンにより作成する上で注意してほしいポイントをご紹介していきます。

・履歴書をパソコンで作成する方法

大手の転職支援サイトからwebで履歴書を提出するには配信サイトへの登録が必要となります。

配信サイト 登録

履歴書の基本情報が必要となるので事前に下書きしておけば、転職希望をしている企業への応募フォームを送信するだけなので手間が省けて大変便利です。

入力漏れなどがないように何度もチェックを繰り返してパソコン入力を完了させておきましょう。

項目としては氏名、住所、連絡先、プロフィール、学歴、資格、スキル、職務経歴、自己PRなどがありますが、長い時間入力していると画面が固まってしまったり、保存ができなくなる可能性があるので、別のフォーマットで下書きをしながら項目ごとに、コピーして貼り付けを繰り返して作成します。

多少面倒を感じるかもしれませんが、後々楽になるので頑張りましょう。

・履歴書をパソコンで入力する際の注意ポイント

転職企業への熱い思い

企業 熱意

希望する転職企業へ履歴書をweb提出する時には、企業へのメッセージや自己PRなどはしっかり見直して、採用担当者が求めていると思われる内容に修正します。

企業が欲しがる資格

応募する企業が欲しがる資格などを優先的にパソコン入力することで採用担当者に印象付けます。

自分のスキルをアピール

スキル

ほとんどのwebでの履歴書提出の際にはプルダウンメニューなどが採用されていて選択するだけで簡単です。

その反面、自分がアピールしたい実績を伝えられない恐れもあるので、自由に書きだせるスペース(自己PR欄など)を上手く活用して、自分のスキルがどれくらい転職企業へ貢献できるのか、強くアピールして下さい。

職務経歴欄は見やすい工夫を

職務経歴欄

職務経歴欄は、フリースペースになっているので、改行したり体裁を整えないと、採用担当者が読みずらい状況です。

2000文字くらいを目安にして、デザインとしてカッコで囲ったり、改行でバランス良く調整して印象を良くしましょう。

自己PR欄で魅力的なエピソード

自己PR

履歴書をパソコン入力する内容で、自分の思いを率直に書けるのが自己PR欄です。

強いライバル達との差別化を図る上で、大切な項目なので、出来る限り熱意を持って自己アピールしましょう。

最も効果的なのが苦労体験なので、人物像が想像できるような書き方で、業績向上に貢献できたエピソードを盛り込めば、採用担当者へ強い印象を植え付けられるでしょう。

担当部署でお互いが助け合いながら、目標を達成できたことであれば、その流れでリーダーシップや協調性などがアピールできます。

人物像としてアピールしたいのであれば、時間を無駄にしないで効率的に仕事ができるとか、周囲が目標を達成できないで、落ち込んでいたら励まして場を和ましてくれるなど、であれば企業としても必要とされるでしょう。

企業へのメッセージ欄は要点を抑えて

企業 メッセージ

企業へのメッセージ欄はweb履歴書の添え状になる部分です。

定型文で書かれるのが一般的ですが、自分の言葉を盛り込んだ方が、心がこもって好印象になるでしょう。

自分のスキルが、転職企業のどの事業に役に立つかを、簡潔にでも決意を表明すれば十分アピールになります。

・履歴書をweb提出のチェックポイント

チェックポイント

希望の転職先に履歴書を、web提出するのですが、一旦送信してしまうと取り返しがつきません。

たくさんの項目を、パソコン上で見つめていると、入力が間違ってしまったり、見落としている可能性もあります。

履歴書web提出のチェックポイントとして基本的な項目を再度見直して下さい。

1、見出しがちゃんとあるか確認する。

2、内容が理解しやすい書き方になっているか確認する。

3、適度に改行されているか確認する。

4、年月日の間違いがないか確認する。

5、企業名、転職希望の部署名が間違っていないか確認する。

6、経験した業務のアピールは、的確に捉えているか確認する。

7、業務実績が、転職企業で活かせる内容になっているか確認する。

自己確認後は、転職経験のある友人や転職紹介会社の専門家に、見てもらい添削してもらうと完成度がグッと高まるでしょう。

・履歴書をweb提出でスカウトを待つ

スカウト

転職希望をしている企業へ登録して応募フォームを送信する方法以外にも転職できる機能があります。

それがスカウト機能です。

自分の履歴書の基本情報が、転職支援サイトに登録されている企業に公開されるのです。

企業側で欲しい人材を、応募者から見つけてもらえるのですから大変便利な機能です。

スカウト

あまり公けにしたくないのであれば難しいですが、そうでなければスカウトを受け入れた方が、希望の転職先が早く決まると思います。

転職紹介サービスは複数ありますが私の経験上、自分の市場価値が分かるし、一般では出回っていない高額年収の案件が見つかるのでjacリクルートメントを利用してみても損はないと思います。

・まとめ

転職活動はライバルとの争いとなり、企業が求めている人材の枠は限られています。

逸早く応募して自分の存在をアピールする必要があるのです。

履歴書をパソコンで入力してweb提出すれば、効率よく複数の企業へ提出でき採用される確率は向上するでしょう。

チェックポイントを実践されて諦めずにチャレンジを続けて下さい。

「履歴書をパソコンで作成する方法」

大手の転職支援サイトからwebで履歴書を提出するには配信サイトへの登録が必要。

「履歴書をパソコンで入力する際の注意ポイント」

1、履歴書をweb提出する時には、企業へのメッセージや自己PRなどはしっかり見直して内容を修正する。

2、企業が欲しがる資格を優先的に入力する。

3、プルダウンメニューなどで足りないアピールポイントを、自由に書きだせるスペースを上手く活用して入力する。

4、職務経歴欄は、フリースペースなので、改行したり体裁を整えてバランス良く調整する。

5、自己PR欄で熱意を持って自己アピールする。

6、企業へのメッセージ欄の添え状は、自分の言葉を盛り込んで心をこもて決意表明する。

「履歴書をweb提出のチェックポイント」

1、見出し。

2、内容が理解しやすい。

3、適度に改行されている。

4、年月日の間違い。

5、企業名、転職希望の部署名。

6、経験した業務のアピールポイント。

7、業務実績が活かせる内容になっているか。

「履歴書をweb提出でスカウトを待つ」

自分の履歴書の基本情報が、転職支援サイトに登録されている企業に公開されるので大変便利な機能。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする