転職の迷いから解放されたいですか?後悔しない決断へ導く8つの方法

転職 迷い

迷いの原因と転職を成功させるために大切な秘訣を紹介していきます。

・転職は最初から迷いの連続

転職を実行するまでには幾つもの迷いがあります。

最初は今の職場に留まるべきなのか迷います。

待遇への不満であったり、思うような仕事ができなかったり、上司への不満など様々な要因があるでしょう。

転職を決断しても迷いは尽きません。

応募したい企業が見つかっても、そこでやっていけるのか、自分が馴染めるのか不安になるものです。

ようやく企業から内定をもらっても、複数社内定をもらっていれば、どの会社が自分に合っている職場なのか迷うことでしょう。

このように転職を考えた時点から実際に転職するまで、迷いは何度も訪れるのです。

その判断は自分でやらなければならず、1度でも選択を間違うと歯車が狂ってしまう可能性がある人生のターニングポイントとなるでしょう。

転職の失敗とは、どのような迷いで成功のレールから外れてしまうのでしょうか。

・迷いで決断が鈍ると転職で失敗する

どのような迷いが転職での成功の妨げになっているのでしょうか。

人の意見に左右される

責任あるポストで部下を指導する立場にあり、周囲からは何の不満も無いように見えています。

心の中では実際やりたい仕事があり、スッキリしない日々を送っていたのです。

ある晩に初めて妻に転職したい気持ちを話しますが猛反対されて、会社でも同僚や上司にも何度も慰留されて転職を思い留まるのでした。

家族 反対

自分ではやっていける気持ちがありながらも奥様からは「そんなの無理に決まってる」「ローンどうするのよ」と言われ、上司や同僚からも「今まで頑張ってきたのに勿体ない」「これからも一緒に頑張りましょう」と畳みかけられて、転職の思いは尻つぼみとなり最初の勢いは無くなり諦めたのでした。

慰留

確固たる信念があれば家族も説得できるし、会社でどんなに慰留されても振り切れなければどうにもなりません。

最悪な未来を想像する

今の職場のように上司や同僚と打ち解けていけるだろうか?

与えられたポジィションで結果が出せなかったらどうしよう。

昇進できるだろうか?

今は順調だけども将来経営状態が悪化して倒産しないだろうか。

最悪な結末

このように最悪な状況を想定してしまうと転職しようとする思いにブレーキがかかります。

当然応募しても不安を抱えた表情では、ポジィティブな受け答えなんて上手くできないので、面接官にも見透かされてしまい内定をもらうことが難しくなるでしょう。

勇気ある決断ができない

特に初めての転職だと他社の社風や職場の環境などは、当然経験がないので分らず今の会社を基準に考えてしまいます。

始めての転職

この会社の常識が全てだと思い込んでしまい、実際は他社や業界での非常識がまかり通っていることもあるのです。

もっと良い環境の会社がどこかにあるかもしれないのに、会社を飛び出す勇気が持てずに不満を抱えながら働き続けることになるでしょう。

それって幸せでしょうか?

リスクを背負わない

好条件を並べ立てて自分自身はリスクを侵さない人がいます。

ホームページを調べたらアットホームな雰囲気で上司や同僚とも話しやすいと思っていたら、私語厳禁で静まり帰っていたり、あまりお酒を飲むことが好きではないのに、週の半分以上は課内の上司や同僚とお酒を飲むはめになってしまった。

飲み会

これは実際に勤めてみないと分からないことであり、受け入れるしかなく回避できません。

理想と現実のギャップがイメージできていれば自分的に好ましくない事態になっても、「まあ、こんなもんだ」と納得できるでしょう。

裏切者の感覚を捨てきれない

長年同じ会社に勤めてくると愛社精神に溢れて社員同士の繋がりも密になります。

愛社精神

大規模なプロジェクトのリーダーとして成功を収めたり、特殊なスキルを持ち合わせていると同業他社からスカウトされることも珍しくないでしょう。

転職したい思いがよぎっても「いやダメだダメだ、裏切れない」と躊躇します。

転職は何も悪いことではなく自分を必要としてくれる企業から、好条件でヘッドハンティングされたら嬉しくないはずがありません。

ヘッドハンティング

上司や同僚の絆を優先すれば慰留されて転職はできなくなるでしょう。

人生は一度きりです。

数年後に会社の経営が悪化して「あの時、あそこに行っていれば役員になっていたかもな」と後悔しても後の祭りです。

社内での環境やご自身の考え方で迷い方はそれぞれですが、迷い過ぎることは転職の障害になります。

それではどのように迷いを振り切れば良いのか一緒に考えて行きましょう。

・転職の迷いから解き放たれる方法

協力者を得る

転職を成功させるには奥様の協力が不可欠です。

勤務地が変わり引っ越す可能性もあるし、給与だって家計へ影響を与えるので最初は驚かれますが説得を試みましょう。

そして子供達やご両親も同居されているなら打ち明けます。

子供たちから「転校するなら嫌だ」と言われたり、ご両親からも「辛抱が足りない」と反対されても話し合いで、どうにか了解を取り付けることで必ず力になることでしょう。

仲の良い同僚は口止めしていても、転職の気持ちがあることが社内に広まる可能性があるので事前に話されることは控えます。

転職経験者の知人がいると経験談を聞くことで勇気をもらえるでしょう。

経験者

あとは業界に精通している転職エージェントに相談することで不安に思っていることも解消されるし、公開されていない求人情報も得られる可能性があるのでお勧めです。

転職エージェントをお探しの方に参考になる記事を書きました。ご覧ください。

外資系企業や国内大手企業の管理職求人で有名なjacリクルートメントに興味があるけども自分の年齢で大丈夫なのか?運営会社はどうなのかなど不安なものです。jacリクルートメントのメリットやデメリット口コミ情報などを紹介しますので活用されて下さい。

環境を変えるのが先決

自分の興味のある仕事は定年退職してから、やりたいと仰る人がいますがそれでは手遅れな場合があります。

定年退職

仕事もバリバリこなせて活力が漲るこの時に、自分の実力を遺憾なく発揮することが希望する業界で活躍できる可能性を高めるのです。

体力的にも精神的にも下り坂になってから始めても納得できるならいいですが、現状を無理やるにでも変える転職で自分自身にプレッシャーをかけることが成功への手がかりになるのです。

タイミングを逃さない

期限を設けないと転職への意識が薄れてくるので、3年以内とか今年中とか制限をかけて転職のタイミングを図ります。

漠然と思い悩んでいた時と違い、自分でも意識してアンテナ張るので求人情報を逃さなくなるでしょう。

求人情報

人生は一度っきりを忘れない

一つの会社で働き続けることもあり、自分に合った会社を探して転職するのもあり、どちらもその人が後悔しないのであれば成功と言えますが、現在の会社に不信感があったり物足りなさが心のどこかに少しでもあるのであれば、転職することで気が晴れるかもしれません。

人生は一度きり、時間は限られているので今の直感を大切にしましょう。

シミュレーションで経験を積む

この企業で働きだしたらどうなるのかイメージすることが不安を和らげてくれます。

通勤場所も変われば交通手段や経路違い、起床時間や帰宅時間にも変化が訪れるでしょう。

課内でのミーティングや業務の役割としての具体的な作業を詳細にシミュレーションすることで経験を先に積むのです。

シミュレーション

思った通りに当てはまることと、そうでない部分もありますが一度体験することで気持ちに余裕が生まれます。

企業比較表を作成する

比較表

会社選びで悩んでいるのならデーターをエクセルで整理して比較できる表を作成します。

自分なりにポイントとして注目している給与や待遇は勿論のこと、勤務地や転勤の有無、将来性などを点数化して評価します。

希望している項目でポイントが高ければ点数が増えるので評価はAとなり、逆であれば必然的にマイナス評価のCとなります。

特に条件がほとんど変わらずに迷っている時には、評価項目をもっと突っ込んで詳細にすれば差が付けられやすいでしょう。

基準は自分で作るので多少の偏りはありますが、客観的に見れる指標として比べやすくなるのでお勧めです。

また転職しそうなら見合わせる

何となく「長続きしそうにない」「また転職してしまいそう」と思い浮かぶなら見合わせた方が良いでしょう。

今の会社への未練があったり転職希望している企業の条件に、何か引っかかる部分がある可能性が高いです。

冷静に現状を見つめ直してみましょう。

自分の実力を見極める

高い目標を掲げて希望としている外資系の企業などへ転職したのはいいのだけれども、与えられたポジィションの業務の責任が重くスキルの無さを痛感することがあります。

責任感

年収が高いのは求められている人材への期待値が高くなることは当たり前で、それに見合った成果が得られないのであれば長く働くことは困難になります。

この企業でやっていけるだけの実績とスキルを自分は身につけられているのか今一度確認しましょう。

・まとめ

誰しも転職を考え思い悩み迷われた経験をお持ちでしょう。

今後の人生を左右することなので迷うことは当然ですが、理想とする転職の妨げになってはいけません。

人生は1度だけであり時間は限られています。

成功の邪魔をする迷いから解放されましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする