キッチンの天板をどう選ぶ?セラミックトップの特徴と比較方法4選

セラミックトップ
キッチンのセラミックトップに魅力を感じていますが値段が高いので悩んでいます。
このような方にセラミックや他の種類の天板の特徴を紹介していきます。

・セラミックのワークトップとは

表面は焼き物ならではの独特な凹凸が個性を際立たせる触り心地を実感させます。

何と言っても熱に強く、調理鍋を直に置いても焼けたり溶けることがないので料理中のうっかりミスでフライパンが触れてしまっても安心でしょう。

フライパン

メリット

キズや熱に強い。

紫外線や油、調味料などの化学変化で変色しない。

調味料 変色しない

個性的な風合いが際立つ。

美しさを長持ちできる。

耐衝撃性が高い。

手入れが簡単にできる。

手入れ 簡単

デメリット

コストが高い。

コストアップ

種類が少ない。

取り扱っているメーカーが少ない。

加工が難しい。

・キッチン天板の種類は

セラミックと他の材質の天板の特徴を比べて見ましょう。

人造大理石(人工大理石)の天板

人造大理石

大理石の清潔感がある白をベースとしたものや、自然石をイメージできるラインナップが揃っていて選びやすいです。

人造大理石は大理石を粉々にして樹脂で成形した製品で人工大理石は、アクリルやポリエステル樹脂で成形した天板です。

メリット

耐熱性能が高い。

耐熱性

アクリル系は調味料などによる変色は少ない。

シンクを人工大理石にすればシームレスにできる。

人工大理石 シームレス

ポリエステル系は価格が安い。

水晶で形成したクォーツストーンは高級感がある。

デメリット

ポリエステル系は劣化してくると紫外線で変色することがある。

耐衝撃性に不安があったが改善されてきている。

クォーツストーンは価格が高め。

ステンレスの天板

ステンレスの天板

一般的に普及してきた天板で清潔感のある光沢がシャープな印象を抱かせます。

メリット

耐熱性や耐水性が高い。

汚れを拭き取りやすい。

シンクと一体成型できる。

ステンレス シンク一体

表面加工もエンボス加工やバイブレーション加工なのでシンプルな内装に合わせやすい。

コストが安い。

デメリット

金属なので衝撃で凹んだり細かな傷が発生することがありますが、弱点を克服した重厚な質感で強度の高い製品も登場している。

無機質で味わいが無い。

ステンレス 無機質

錆びが発生することがあるが改善してきている。

経過すると光沢が低減する。

タイル貼りの天板

タイル貼りの天板

豊富なデザインのタイルを選べる自由度と個性的な印象を抱かせます。

メリット

海外のキッチンをイメージさせる雰囲気を醸し出せるので個性的。

天板 タイル

キズや欠けても補修がしやすい。

タイルのグレードで価格調整しやすい。

デメリット

目地の掃除がしずらい。

好みが分かれる。

天然石の天板

御影石などの自然石なのでオリジナルの模様が存在感を際立たせます。

天然石 天板

メリット

天然石を加工して使用するので本物の質感を味わえる。

石材の模様が楽しめる。

天然石 模様

デメリット

コストがかかる。

重量があり運搬や施工手間がかかる。

分割する場合には継ぎ目処理に注意が必要。

大理石は汚れやすい。

・セラミック天板との比較方法

お手入れの手間を掛けたくない

毎日の調理で油や調味料などで汚れてしまう天板は、セラミックだと掃除がしやすいですが人造大理石やステンレスもお手入れがしやすいでしょう。

お手入れの手間

天然石の天板は比較的汚れが付きやすく、タイル貼りも小まめに掃除していないと目地部分に汚れが染みこみます。

天板 お手入れ

熱や衝撃に強い

調理中に熱を加えたフライパンをとっさに仮置きしてしまったり、手を滑らせて落してしまっても強い天板はセラミックで人造大理石やステンレスも短時間であれば耐えられますが、ステンレスは細かな傷はつき易いでしょう。

人造大理石はメーカーによって耐久性に違いがあるので確かめる必要があります。

天然石の天板は硬さはありますが、ジョイントがあるとお湯などを零すと染みこむことがあるので処理方法を確認しましょう。

コストを抑えたい

ワークトップの費用を抑えることでオプションを追加したいのなら、ステンレスやタイルの天板が向いているでしょう。

あまり高級感は望めませんが機能性を重視することでコスト削減できます。

重厚感を出したいのであればワンランクグレードを上げて人造大理石が良いでしょう。

コストを抑えたい

内装とのバランス

平凡な内装だとグレードの高いセラミックの天板が目立ってしまいバランスが崩れることがあります。

キッチン扉は勿論のこと内装である床や壁の仕上げ材との見栄えを調整する必要があるでしょう。

内装 バランス

・キッチン天板のまとめ

キッチン天板のまとめ

重厚感があり高性能なセラミックは素晴らしい天板です。

奥様の喜ぶ顔が目に浮かびますが、マイホームの予算を考えると天板のグレードを少し下げて他の部分に回したいのが本音でしょうか。

ご夫婦でそれぞれの天板の特徴を時間をかけて理解し、価格を比べて最終判断されると後悔することも無くなるでしょう。

マイホームの予算計画で必要となる見積もり収集の方法を記事に書きました。ご覧ください。

相見積もりを複数の業者に一括で依頼できるサービスのタウンライフ家づくりの評判や口コミが実際どうなのかを調べました。住宅の相場が分かれば数百万単位の金額差が生れる場合こともあります。タウンライフ家づくりの疑問点やメリット、デメリットはコチラ⇒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする