定期借地権のメリットデメリットとは?後悔させない5つのポイント

定期借地権 メリット デメリット
地代を支払うことで住宅の支払いを抑えることができる、定期借地権のメリットデメリットについて紹介します。

・定期借地権とは

定期借地権とは、住宅を建築する敷地を期間を定めて賃貸することです。

50年以上の期間が定められていてその期間は地代を払い続けなければならず、50年後には上物である建物を解体して更地で変換しなければなりません。

定期借地権 解体

定期借地権付の一戸建てや分譲マンションが存在していて一定数の需要が見込まれているようです。

・定期借地権のメリットとは

住宅を安く買える

定期借地権付き住宅

同じ条件であれば住宅を安く購入することができます。

本来の所有権付きの住宅であれば土地の購入費用が必要ですが、定期借地権付き住宅なので50年間土地を借りることになるのでその差額分が安くなるのです。

同じ金額であれば建物をより広くグレードをアップさせた住宅を手に入れることも可能です。

固定資産税を支払わない

固定資産税

定期借地権は土地を所有していないので固定資産税、都市計画税は地主が負担するので支払わないですみます。

土地を取得した際にかかってくる不動産取得税も発生しません。

・定期借地権のデメリットとは

土地と建物を失う

更地にする

家族で50年間住み続けていたマイホームを取り壊して地主に返さなければなりません。

思い出深い我が家がこの世に存在しなくなる寂しさがあるでしょう。

住居を探す必要がある

アパートを探す

定期借地権付の土地は更新できずに必ず50年後に返さなければならず新たな住まいが必要となります。

コンパクトなマンションなどの住宅を購入するか賃貸住宅を探す必要性があります。

売りずらい

住宅ローン 売買

将来的に土地を返還しないとならないので所有権の物件と比べると売りずらい傾向があります。

中古の物件は住宅ローンの条件が厳しかったり審査が通りずらいのも要因でしょう。

会社勤めで転勤引っ越しで売却の可能性がであればお勧めできません。

高齢になると不安

家を失う 不安

バリバリと働いていたころならまだしも、高齢になってから家を失うことになり不安でしょう。

所有権であれば建物が老朽化しても土地が資産として残っていますが、定期借地権の場合は全て無くなります。

毎月地代を支払う

地代を払う

購入しない代わりに地代を毎月支払う必要があります。

50年後に土地を返す時に、建物を解体するための保証金も負担することになります。

・条件付きの土地の種類

土地の種類

条件付きの土地にはそれぞれメリット、デメリットがあるのでライフスタイルに合った条件の土地を選ぶようにしましょう。

定期借地権付きの土地

土地の借地をするための保証金と毎月の地代を支払うことで同じ条件の土地よりも低コストになります。

住宅の場合には期間が50年間以上の取り決めが多いですが更新することができません。

将来的に子供の世代へ資産を残したい方には不向きでしょう。

建築条件付きの土地

最初から指定された注文住宅会社などの施工をする会社が決められています。

建築する期間も定められていて土地を購入した後に、工事請負契約を交わすことになります。

工事請負契約書

間取りや外観のプランから選択しますが全て自由設計で依頼できる場合もあるようです。

宅地がすでに準備されているので地盤の状態や地域の環境も住宅に適しているので安心でしょう。

ただ施工会社に縛りがあるので工法は限定されてしまいます。

上物付きの土地

古い住宅が建てられた状態で土地を購入することで割安で住宅が手に入ります。

新築を希望するのであれば解体処分費が発生するので住みながら建て替える方が効率的でしょう。

上物付きの土地

築年数が古い建物の場合には建築基準法が改正されている可能性が高いので、事前に条件を確かめる必要があります。

・定期借地権のチェックポイント

定期借地権は土地を購入しない分、保証金が必要となりますが毎月の地代と建物の建築費だけのローンとなるので規模にもよりますが2割程度コストを抑えることができます。

ただし50年後には保証金で建物を解体して土地を返さなければならず、住む家を失うことになるので長期的な視点で選択されて下さい。

定期借地権の契約時に確認すべき事項

建て替えや増改築が可能か

建物が老朽化してきてリフォームが必要となったり、家族構成の変化で増築して部屋数を増やすことができるのか。

地代の支払いや改定の方法

地代支払い 改定

50年間支払い続ける地代の支払い方法や条件が改定される場合の方法は明確になっているか。

途中解約の取り決め

正当な理由による契約解除できる条件を確認。

買取や延長できるか

契約期間中に住宅資金が確保できた場合に土地を買取ったり期間を延長ができるのか。

・定期借地権メリットデメリットのまとめ

定期借地権のメリットデメリットを理解することで建築条件付きの土地や中古住宅付きの土地と比べられるので選択肢が広がります。

老後に後悔しないためにも夫婦で話し合って定期借地権付の土地を購入されるか検討されて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする