住宅の設計事務所を選ぶポイントは?信頼できる建築士と出会う方法

設計事務所

マイホームを建てるには設計をしなければ始まりません。
施主の夢を実現できる設計事務所を探すためにやらなければいけないことを紹介します。

・どんな設計事務所が良いのか?

設計事務所

設計事務所には有名な建築家が所長をしている事務所からマンションや店舗を得意としていたり、住宅を得意としている設計事務所など複数あります。

その事を理解しないで依頼してしまうと施主のイメージと違う設計になってしまう可能性があります。

・住宅設計の流れ

住宅は家族の思いを形にしていく作業であり、建築士と打ち合わせを繰り返しながら設計を仕上げていきます。

複雑な流れを理解することで素人でもマイホーム建築への不安が少なくなっていくものです。

1、家族の要望をまとめる

家族 要望

旦那さんが奥さんや子供たち家族の要望をまとめて理想のマイホームをイメージします。

頭金や住宅ローンからの借り入れ金額を把握して予算を決めます。

新しい年や学校入学などを新居で過ごすなら、設計や工事期間を逆算して早めに計画しなければなりません。

2、自宅に合った設計事務所を選ぶ

住宅関連の書籍やネット、知人の付き合いがある設計事務所などから評判を聞いて選びます。

3、設計監理契約をする

設計監理契約

設計実績や設計士の力量がわかり自分の夢を託せると思ったら設計監理契約をします。

設計事務所により設計料は、工事金額の割合が違ってきますので事前に確認していた方が良いでしょう。

4、基本、実施設計をする

建物の基本プランから構造や意匠、設備関係の詳細な設計へと仕上げていきます。

建築基準法に適合した実施設計で確認申請を行います。

5、施工会社を選ぶ

建築会社 工務店

建築会社、工務店などに仕様書や図面に基づいて見積もりを依頼します。

同一条件の見積もりをチェックして、数量や項目の漏れなどが無いか確認して信頼できる施工会社を決定します。

6、工事請負契約をする

設計士が選定した施工会社と施主で条件を確認して契約金額を取り決めます。

7、工事期間は現場監理をする

設計図面通りに現場施工がなされているかをチェック検査をします。

施工品質の許容範囲を外れた場合には、手直しするまで次工程が入れなくなります。

・設計事務所を選ぶポイント

1、日本建築家協会のサイトから複数の設計事務所を探せるので、ホームページから住宅の施工事例を見てイメージに合ったら問い合わせしてみましょう。

2、住宅の構造などは様々で木造軸組工法やツーバイフォー工法、鉄筋コンクリート造などがあり設計士にも得意不得意があります。

木造軸組工法

設計事務所へ訪問した際に過去の作品集を確認して、自分が希望する構造が得意なのか聞いてみましょう。

3、建築士と言っても結局は人対人なので、技術的なスキルを持ち合わせていることは当然であり、たとえ小規模な住宅でも良い建物を作ることに熱意があることが理想です。

家族の経済的な事情やプライベートな悩みなども打ち明けないといけません。

素人である施主に対しても面倒がらずに、意見を親身になって聞いてくれる関係であれば長く付き会え信頼できると言えます。

4、過去に設計してもらった施主に会って、設計打ち合わせや工事期間中の施主や施工会社への対応を確認しましょう。

もちろん現時点の自宅の使い勝手や不具合、不満が無いかも聞いてみます。

・まとめ

設計事務所を選ぶポイントを紹介します。

設計事務所のことを理解しないで依頼するとイメージと異なり後悔することがあります。

「住宅設計の流れ」

1、家族の要望をまとめる。

2、自宅に合った設計事務所を選ぶ。

3、設計監理契約をする。

4、基本、実施設計をする。

5、施工会社を選ぶ。

6、工事請負契約をする。

7、工事期間は現場監理をする。

「設計事務所を選ぶポイント」

1、日本建築家協会のサイトから探す。

2、住宅の構造などは様々なので設計事務所へ訪問して確認する。

3、建築士は技術的なスキルは当然であるので、住宅でも良い建物を作る熱意があることが重要。

4、過去に設計してもらった施主から実情を聞き取る。

信頼できる設計事務所と出会えるには、自らが積極的に連絡を取り面談をしていくことが重要です。

住宅の設計事務所を選ぶポイントを参考にされて理想のマイホームを築いて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする