住宅の維持費をご存知ですか?家計を破綻させない対処法

マイホームを購入する段階で維持費のことを見据えて返済計画を立てられていますか?
住宅ローン以外に必要となる費用を把握し対処する方法を紹介します。

・住宅はずっとお金が掛かる

一生懸命に節約して頭金を工面して夢のマイホームを手に入れたのに、税金や火災保険などの支払いが必要となります。

数年も経てば建物のあちらこちらに劣化などで修繕が必要な箇所が現れて、リフォーム工事をすることになり大きな出費が家計に追い打ちを掛けてくるのです。

リフォーム

当然一度きりだけでは無く建物を維持していくためには、定期的なメンテナンスとして維持費がずっと必要なことを忘れてはなりません。

メンテナンス

住宅の建物と土地を購入するために必要な金額と、それ以外に今後必要とされる維持費を含めてトータルで返済計画を立てることが重要なのです。

・住宅の維持費

税 金

固定資産税 都市計画税

【固定資産税】

住宅の建物本体と土地に対して掛けられる税金です。(評価額の1.4%)

評価額は土地の場合、都道府県地価調査価格のおよそ70%の価格で、建物は建築費の50~70%くらいです。

事前に調べる時には該当する市町村役場で、固定資産公課証明書を交付してもらうか閲覧することもできます。

【都市計画税】

都市計画法による市街化区域内の住宅の建物本体と土地に対して掛けられる税金です。(評価額×0.3%)

保 険

【火災保険料】

保険料は住宅の構造や保証内容により違いますが、10年間の保険料はおよそ10万円から17万円です。

オプションで地震保険を追加することも可能です。

修繕費

建物は2階建ての延床面積35坪、耐用年数40年で設定しました。

屋 根

・屋根材の補修 20万円×2回=40万円

屋根材の劣化、ズレ剥がれの補修。

外 壁

・外壁塗装 130万円

外壁のひび割れや汚れ、色褪せチョーキング現象で外壁リフォーム。

外壁塗装

地域や日頃のメンテナンス頻度により塗り替え回数が増える。

白 蟻

・シロアリ予防 18万円×8回=144万円

シロアリ予防駆除の薬剤は5年程度で効果が減少するので定期的に散布する。

途中でシロアリ発生による被害がある場合には駆除回数が増える。

フローリング張替え

・床の張り替え

フローリング張り替え 50万円×2回=100万円

劣化やキズ、床鳴りなどでリフォーム。

床下地が腐っている場合には増額。

畳表替え

・畳の表替え 7万円×3回=21万円

擦れやへ込みなどの痛みによる表替え。

クロス

・壁クロスの貼り替え 46万円

汚れや日焼け、捲れなどでリフォーム。

キッチン

・キッチンの取り換え 90万円

旧型からのタイプ変更や老後を見据えての取り替え。

キッチン交換

トイレ

・トイレの改修 20万円

旧型からのタイプ変更や老後を見据えての取り替え。

浴 室

・浴室の改修 100万円

浴室改修

浴槽や壁、床面の老朽化や老後を見据えてのリフォーム。

洗面室

・洗面室の改修 25万円

洗面室 改修

老朽化に伴いリフォーム。

設 備

・設備機器の取り換え 25万円×3回=75万円

設備機器 取り換え

ガス給湯器や配管などの老朽化に伴うリフォーム。

照 明

・照明器具の取り換え 10万円

照明器具の不具合による取り換え。

建 具

玄関ドア

・ドア、サッシの修理 4万円×3回=12万円

可動不良による部品取替え修理。

建具本体の取り換えの場合には増額。

・木製建具(障子、襖、内部のドア)の修理 3万円×3回=9万円

可動不良による部品取替え修理。

建具本体の取り換えの場合には増額。

バリアフリー化

・バリアフリーリフォーム 40万円

老後を見据えての段差解消などのバリアフリーリフォーム。

施工範囲により増額。

車椅子対応 キッチン

建物修繕費合計 862万円

・維持費の対処法

維持費 対処法

今回のシュミレーションでは建物修繕費 862万円÷40年=215,500円となります。

215,500円÷12ヵ月=約1万8千円

毎月住宅ローンとは別に1万8千円が必要となり将来を考えると積み立てておく必要性があると思われます。

建物の規模や普段からのメンテナンスによりリフォームする頻度は変化しますが、快適な生活を営むためにはマイホームの修繕費はとても重要です。

後になりマイホームの思わぬ修繕工事で慌てないためにも、毎月の修繕費積み立てをお勧めします。

・住宅の維持費まとめ

住宅を購入する段階で維持費のことを考慮する必要があることをご理解頂けたと思います。

マイホームには税金や火災保険、自宅の劣化に伴う修繕が必要なことも納得できることでしょう。

今から事前に維持費を備えて置けば、もしもの時に慌てることも無くなることでしょう。

住宅の価格調査に参考になる記事を書きました。ご覧ください。

相見積もりを複数の業者に一括で依頼できるサービスのタウンライフ家づくりの評判や口コミが実際どうなのかを調べました。住宅の相場が分かれば数百万単位の金額差が生れる場合こともあります。タウンライフ家づくりの疑問点やメリット、デメリットはコチラ⇒

「住宅の維持費」

【固定資産税】住宅の建物本体と土地に対して掛けられる税金。(評価額の1.4%)

【都市計画税】都市計画法による市街化区域内の住宅の建物本体と土地に対して掛けられる税金。(評価額×0.3%)

【火災保険料】保険料は住宅の構造や保証内容により違いますが、10年間の保険料はおよそ10万円から17万円。

「修繕費」

建物は2階建ての延床面積35坪、耐用年数40年で設定。

・屋根材の補修 20万円×2回=40万円

・外壁塗装 130万円

・シロアリ予防 18万円×8回=144万円

・フローリング張り替え 50万円×2回=100万円

・畳の表替え 7万円×3回=21万円

・壁クロスの貼り替え 46万円

・キッチンの取り換え 90万円

・トイレの改修 20万円

・浴室の改修 100万円

・洗面室の改修 25万円

・設備機器の取り換え 25万円×3回=75万円

・照明器具の取り換え 10万円

・ドア、サッシの修理 4万円×3回=12万円

・木製建具(障子、襖、内部のドア)の修理 3万円×3回=9万円

・バリアフリーリフォーム 40万円

建物修繕費合計 862万円

「維持費の対処法」

今回のシュミレーションでは建物修繕費 862万円÷40年=215,500円。

215,500円÷12ヵ月=約1万8千円

毎月住宅ローンとは別に1万8千円が必要となり将来を考えると積み立てておく必要性がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする