階段の種類で住み心地に影響が!住宅にマッチさせるコツ

階段種類

・住宅の階段が使いずらい

マイホームの基本設計で業者から提案されたプランの階段が気になっていて、住宅に合った階段はもっと無いのか?
他にどんな種類があるのか探しています。
このような方に向けて階段の種類を一緒に見ていきましょう。

・階段にはどのような種類があるのか

直階段

ストレートに上り下りができる階段でスペースが少なくて済みますが、足を踏み外してしまうと一番下まで転げ落ちることになります。

踊り場付き直階段

通常の直階段よりも面積を必要としますが途中で踊り場を設けることで、万が一転落してしまっても踊り場まででストップすることで比較的安全だと言えるでしょう。

かね折れ階段

1階からストレートに昇って途中でL型に折れる形状ですが、内側に90度に折れている一点に集中することで踏み面の内側が狭くなり、外側が広くなる三角形になるので内側の足掛かりが少なく歩きずらくなります。

踊り場付きかね折れ階段

L型に折れている部分に踊り場を作る事で踏み面の不均等が無くなり、上り易くなりますが段数が減ることで階段延長が長くなります。

折り返し階段

1階からストレートに上って途中で2回折れるU字型形状ですが、内側に折れている一点に集中することで踏み面の内側が狭くなり、外側が広く三角形になるので内側が歩きずらくなります。

折り返し階段

踊り場付き折り返し階段

U字型に折れている部分に踊り場を作ることで踏み面の不均等が無くなり、上りやすくなりますが段数が減る事で階段スペースを多く必要とします。

らせん階段

円形の階段でコンパクトに作ることができますが、中心から放射状に段鼻が伸びていて全て三角形の踏み面になり、ぐるぐると回転しながら上り下りすることになり利用しずらいでしょう。

螺旋階段

家具などの大きな荷物を運搬することは難しいのでユニック車などを利用して、ベランダや開口部からの搬入を考えなければなりません。

インテリアとしてならアクセントとしてはお洒落になるでしょう。

・階段にはどのようなデザインがあるのか

ストリップ階段

ストリップ階段

階段の蹴上げ部分が空いた状態で見通せる状態で開放感あふれる印象ですが、下の階から見上げると角度によっては見えてしまうデザインです。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭であれば隙間が広いと危険なので、形状を工夫して転落しない対策をする必要があるでしょう。

箱形階段

一般的な木製の階段で下のスペースが色んな用途に使えて機能的です。

ストリップ階段と比べるとコストを抑えることができるでしょう。

・階段の部位名称

踊り場

踊り場は階段の途中に設けられる水平のスペースです。

踏み面(ふみずら)

踏み面とは階段の足を置く水平の部分で建築基準法施行令では、1段15㎝以上となっています。

蹴上げ(けあげ)

蹴上げとは階段の高さ方向の部分で建築基準法施行令では、1段23㎝以下となっています。

段鼻(だんばな)

段鼻とは踏み面の先端部分です。

・住宅に適した階段選びのポイント

高齢者のために踊り場を付ける

ご両親が高齢になられていて身体的に衰えてくると足の上げ下げが体への負担になります。

小さなお子様も下りる時に勢い余って、階段で足を滑らせることも考えられるでしょう。

階段で躓いてしまい転げ落ちてしまっても踊り場で受けとめることができるので、転落の長さが短くなり体を痛める可能性を低減できます。

それと同時に階段の勾配も緩やかにすることで、1段ごとの蹴上げ高さも低めに設定すれば上り下りしやすくなるでしょう。

バリアフリー階段を検討されているのであれば勾配が6/7以下で、推奨寸法が蹴上げの2倍に踏面寸法をプラスした長さが55㎝から65㎝以内で、踏面寸法を19.5㎝以上にするなどの基準があるので注文住宅の担当者に相談されて下さい。

子供が身近になるリビング階段

リビングに階段を設けることで2階の子供部屋から下りてきたお子様が外出する場面を確認できるので、いつの間にかに出かけてしまったなんてことにはならないでしょう。

家族が集まるリビングであれば奥様がキッチンで目を離されていても、ご家族がお子様の帰宅に気が付くことで声をかけることができます。

ただしリビングで暖房された空気が2階に逃げやすくなったり、音もお互いの部屋に響きやすくなるのでドアなどで遮断すると良いでしょう。

暖房 ドア

緩やかな傾斜の階段は上り下りしやすい

階段の上り下りのしやすさは傾斜角度が影響していて緩やかであるほど利用しやすくなります。

踏み面もゆとりがあり蹴上げも低く抑えられますが、その分段数が増えることで階段部分の面積が増えることになるでしょう。

旦那様と奥様、お子様の身長によっても上り下りの感じ方は違ってきます。

階段の使いやすさと階段を延長することでスペースが必要となるので、他の部屋との面積配分をどうするのか住宅会社の担当者と相談されて下さい。

家族が安全な階段を目指す

昼間でも薄暗いと足元が見ずらくなるので、太陽光を取り込むトップライトを天井部分に設けたり、大型のFIX窓を階段回りの壁面に配置されると良いでしょう。

夜間でも足元が確認できるフットライトを上り下りを開始する付近に取り付けると安心です。

階段の段鼻には、滑り止めの溝彫りをしたりノンスリップ加工を施して滑りずらい工夫も必要でしょう。

高齢者でなくても足を踏み外した際に、とっさに掴ったり疲れていて体が重たい時に体重を預けられるので壁面にも手摺を付けます。

手摺

手摺は内側に飛び出てきて階段の有効寸法に影響するので、事前に住宅会社の担当者に相談しましょう。

・まとめ

住まいの中で階段は家族全員が日々利用される大切な場所です。

階段に求められるものは様々で上階への上り下り以外にもデザイン性や収納も兼ね備えた機能性などがあり、ご家族の要望が反映される必要があるでしょう。

階段の特徴を理解され注意ポイントを御覧頂き住宅づくりの参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする