住宅の建築工法は比較すれば分かる!構造を見極めるコツ

住宅建築工法

住宅の建築工法の比較はとても重要なことです。

これから一生暮らすことになるであろうマイホームの工法や構造が分からないと適正に比べることができません。

建築の素人でも分かりやすいように説明していきます。

・住宅の構造や工法がわからない

日本では木造軸組工法で自宅を建築される方が多いようですが、他の工法や構造が分かれば選択肢が広がります。

ツーバイフォー工法や鉄筋コンクリート造など聞いたことはあるけども、どんなメリットや注意点があるのか知らないのに、建築士や住宅会社の営業マンに勧められる通りすぐに決めてしまうことがあるようです。

住宅会社 営業マン

後で後悔しないためにも、それぞれの工法の特徴を理解することで納得できる家づくりができると思います。

一緒に住宅の構造や工法について見ていきましょう。

・構造や工法の特徴

木造軸組工法

木造軸組工法

国内に最も多い住宅の工法で歴史ある神社仏閣なども木造建築です。

天然の木材を使うので自然に優しい工法と言えます。

通し柱に梁を渡して、胴差しや筋交いの木材を組み合わせて、棟木を載せて金物で補強することで骨組みを形成していきます。

木造軸組工法

《メリット》

木材は呼吸するので通気性が高い。

木材 呼吸

間取りの設定やリフォームしやすい。

《デメリット》

大工さんの力量で仕上がりに差が出る。

木造軸組工法

対策をしないとシロアリの被害に遭う。

シロアリ被害

気密性、遮音性が劣る。

耐震性に配慮する必要がある。

大きな空間が作りずらい

台風に弱い。

ツーバイフォー工法(2×4)

ツーバイフォー工法

北米で普及していて効率よく家を建てるために開発された工法です。

2インチ(38㎜)×4インチ(89㎜)の角材を主に使うので2×4工法と呼ばれています。

上枠、下枠、竪枠と構造用合板が一体となり壁体パネルを建て起こして外周から箱を形成することで強度を発揮します。

《メリット》

耐震性に優れ、気密性、耐火性、断熱性が高い。

ツーバイフォー工法

木造軸組工法より規格化されていて工期が短い。

仕上がりのバラツキが少ない。

《デメリット》

自重を璧面で支えるので、パネルの面積に制限が掛かり間取りの変更がしずらい。

水蒸気による結露がしやすい。

鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造

これは鉄筋コンクリート造の床部分のスラブ枠に鉄筋を配置した状況です。

高層階、中層階の建築物に多く使われているのが鉄筋コンクリート造でが、鉄筋の引っ張りの強さとコンクリートの圧縮に強い利点を、組み合わて高耐久を実現しています。

自重があるので木造よりも基礎はしっかりしていて、柱、梁、床の鉄筋を組み立てて型枠で囲みコンクリートを流し込みます。

型枠組立

柱と梁を組み合わせるラーメン構造と、低層住宅に多い壁式構造は柱や梁型が出っ張らない分室内空間が広いです。

基礎

木造軸組工法の基礎も鉄筋コンクリート造で施工されています。

《メリット》

耐震性、耐火性、耐久性が高い。

設計の幅が広い。

《デメリット》

コンクリートの養生期間が必要なので工期が長くなる。

工事コストが高くなる。

鉄筋コンクリート造

壁式構造の場合には内部の壁を移動できない。

軽量鉄骨造

軽量鉄骨

角形鋼管、H形鋼の薄い鋼材をボルト接合で組み立て筋交いで支えることで強度を発揮します。

《メリット》

工期が短い

柱の間隔を広くできる

耐震性に優れているが他の工法と比較すると揺れる傾向がある。

《デメリット》

鉄骨に防塵処理が必要となる。

結露が生じやすい。

耐力壁は筋交いがあり移動できない。

火災時には温度上昇で強度が落ちる。

プレハブ工法

プレハブ工法

工業化住宅で工場で事前に製造されていて、現場施工を極力減らす工夫がなされています。

パネル工法やユニット工法、鉄骨プレハブ工法などがあり品質が安定していて工期が短いものが多いです。

《メリット》

工期が短い。

工場生産なので品質のバラツキが少ない。

メーカーによりそれぞれの優位点がある。

《デメリット》

デザインや間取りの制限がある。

リフォームが難しい。

・住宅の建築工法を決めるポイント

1、外観デザインが好みか

外観

木造軸組工法と鉄筋コンクリート造、プレハブ工法では外観の見栄えが違ってきます。

構造部材の形状や大きさにより印象が違うので、事前に家族でパンフレットやモデルハウスなどを見学して選定しましょう。

一つの構造に決めないで、あらゆる工法や構造の住宅をできる限り数多く見て決めて下さい。

2、工期が家族に合っているか

新居での生活ができるように工期が決まり、逆算して着工しなければなりません。

木造軸組工法と鉄筋コンクリート造では、工期がかなり違ってくるので新年や新年度に合わせて入居したいのであれば、工期も構造を選ぶ一つの要因になります。

3、予算に収まるか

土地の取得費用も含めてマイホーム資金を確保するために、頭を悩ます部分ですが工法により坪単価は大きく異なります。

住宅ローンの借入期間も構造により変ってくるので総合的に判断する必要があります。

住宅ローンの利用をお考えの方に参考になる記事を書きました。ご覧ください。

住宅ローンが苦しいと後悔していませんか?給与は上がらずに教育費で家計を圧迫してきます。頭金が少なく借り過ぎて貯金できない状況で建物の維持費が必要になったら支払いが大変です。住宅ローンで苦しい状態に追い込まれる前にできる対処法を紹介します。

4、増改築しやすいか

構造によっては間取り変更に制約が掛かる場合もあるので、将来的に階数や部屋を増やしたいのであれば、増改築がしやすい工法を選んでください。

5、地盤に合っているか

予算

建築予定の土地が元々畑であったり沼地などの場合には、軟弱地盤なので地耐力が足りない場合があります。

建物の骨組みが重たい工法であれば、地盤改良や杭などを施工する可能性があり、コストアップの要因となります。

土地探しをお考えの方に参考になる記事を書きました。ご覧ください。

いい土地の選び方をご存知ですか?土地選びを疎かにすると後悔します。チェックポイントである建築予定の敷地が宅地造成される以前、沼や畑の軟弱地盤であれば問題点です。土地は建物を支える土台であり寿命にも関わってくるのでチェックポイントを確認しましょう。

6、望んでいる性能か

耐久性や耐震性、気密性や断熱性など工法により性能が違ってくるので、どの性能を優先するのかで見極めましょう。

・建築工法比較のまとめ

建築工法 比較

住宅建築の工法や構造を理解いただけたと思いますが、大切なのは何を優先にマイホームを建築されるかです。

経済的で耐久性や品質が高く、工期も短い住宅が理想かもしれませんが現実的には難しいでしょう。

どうしても妥協できないポイントを比較して絞り込み、どこまで妥協できるか話し合うことで後悔のない工法や構造を選ぶことが可能となるのです。

それと注文住宅会社やハウスメーカーなどの施工業者にはそれぞれ得意とする工法や構造があるので見極めることも大切でしょう。

ハウスメーカーでお見積りをお考えの方に参考になる記事を書きました。ご覧ください。

ハウスメーカーの特徴を知らないと後悔することになります。成功する情報の集め方や工務店と比較したハウスメーカーのメリット、デメリットが分かれば、最新工法のマイホームになり無駄のない見積もりを探し出せる選び方を紹介しまのでご参考下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする