後悔しない家事室のある間取りには秘訣がある!奥様納得の8選

家事室のある間取り

マイホームに家事室を計画される方に参考にして頂きたいチェックポイントを紹介します。

・ただ家事室を造っても意味がない

ハウスメーカーの提案してもらったプランでしたが家事室の間取りが工夫が足りずに、ほとんど使えずに物置きなっています。

このような家事室にならないように、後悔しないための注意事項を見ていきましょう。

・成功する家事室のチェックポイント

家事動線が最短で効率的

奥様が毎日行われている料理や洗濯、お掃除、育児などの作業は多岐にわたるので家事動線が重複してきます。

家事の中でも負担の大きな洗濯をして、干して、取り込んで、畳んでしまう作業の効率化が重要でしょう。

畳む

洗濯室→物干し場→家事室→収納までのサイクルが円滑に回るような間取りが理想的です。

例えば洗濯室からお庭の物干し場までリビングまで行って出入りするのであれば家事動線が長くなります。

家事室でも洗濯物にアイロンを掛けて畳んで、1階の寝室と2階の子供部屋のクローゼットに収納するとなると、奥様が重複して歩かれる動線も増えてしまい負担があまりにも多すぎるでしょう。

ご夫婦でプランをスケッチされて自分たちなりにベストだと思われる家事室の配置を作っておくと、住宅会社との話し合いがしやくなります。

雨天でも安心な室内干し

雨天

ご夫婦が共働きであったり、お子様の送迎などで奥様が出かけられる機会が多いのであれば、家事室内に洗濯物を干せるスペースを設けると大変便利でしょう。

リビングや空いたスペースに干してしまうと、不意にお客様がいらした時に慌てて洗濯物を片付ける事になります。

リビング 部屋干し

天井から物干し竿を差し込むことができる金物を取り付けたり、壁面からワイヤーを張れば強度もあるし、見栄えも良いでしょう。

家族構成により物干し竿の本数を増やされるのであれば1畳ほどのスペースが必要になります。

扇風機などで空気の流れを作ると乾きが早まりますが、浴室乾燥機を設置すれば更に宜しいでしょう。

下着とタオルを収納

家事室の片隅に家族の下着とタオルを収納できる棚を造りましょう。

奥様が下着を畳んでクローゼットまで運ぶ手間が省けるし、ご家族も部屋に戻らないでも下着を取り出してお風呂に入れるので便利です。

奥様だけの趣味の空間

旦那様に専用の書斎があるように奥様がリラックスできる空間として家事室を利用します。

お洒落な無垢の机とノートパソコンをセットすれば読書やお料理のレシピを調べたり、ネットショッピングで割安の食材を取り寄せることができます。

家族に見られると気になる好きな芸能人のブログをチェックしたりと自分だけの時間にも使えます。

扉を閉めれば誰にも気兼ねしない静かな場所になるので集中したい、裁縫や家計簿の記入にも打ってつけでしょう。

家族用のウォークインクローゼット

寝室や子供部屋の収納を小さくして家族用のウォークインクローゼット(ファミリークローゼット)を家事室の近くに造ります。

ウォークインクローゼット

家族全員の衣類などを収めることができるスペースが必要となりますが、洗濯物を畳んですぐ1ヵ所に集中して仕舞えるのであれば奥様の負担はかなり軽減されるでしょう。

その代わり家族の協力は必要で各自でここから衣類を取り出さなければなりません。

物干し場からすぐの位置

お庭の物干し場から洗濯物を取り込んで直接取り込める位置に家事室を設けましょう。

キッチンの勝手口やリビングなどの掃き出し窓から出入りされると思いますが、動線が長くなると一旦取り込んだ洗濯物をそこらへんのソファーなどに投げて置くことになります。

見栄えも悪いし家事に追われてしまい、忘れてしまうこともあるでしょう。

家事室回りに物干し場があれば、洗濯物を取り込んですぐに家事室に仮置きできて無駄がありません。

お掃除や料理が落ち着いてからゆっくり洗濯物を畳むことができるでしょう。

子供と過ごせる

お子様とのコミュニケーションを需要視されるのであれば子供用の椅子を準備して宿題を見てあげます。

学校での出来事をお喋りしながら家事ができるので楽しいことでしょう。

リビングではテレビに熱中してしまったり、子供部屋ではマンガを読んだり集中力が途切れやすいお子様であれば向いています。

学校の宿題でパソコンを使った調べものがありますが、如何わしいサイトに繋がらないか心配ですが隣で見ていられるので安心でしょう。

実績のある注文住宅会社のアドバイス

ご家族でどのような家事室を造りたいのか話し合われて問題となっていることを洗いだします。

洗濯室や物干し場、収納場所との配置が上手くいかない、広さが確保できない、予算が足りないなど自分たちだけで解決するには限界があるので、施工実績が豊富な住宅づくりのプロに相談して最適なプランを提案してもらいましょう。

家事室 プラン

会社ごとに特徴がありアイデアも様々なので、複数ヵ所に依頼して自分たちのライフプランにマッチしたアドバイスをもらったプランを見つけます。

・まとめ

洗濯から畳むまでの一連の作業を効率的にするには家事室は欠かせない場所です。

奥様の家事の負担を減らすことで笑顔が絶えないマイホームに近ずくことでしょう。

妻 笑顔

それには、ご家族の協力が不可欠なのでチェックポイントをご覧頂き、家事室について真剣に考えられて下さい。

家事室のある間取りプランの相談ができるハウスメーカーを効率よく探させる方法を記事にしました。ご覧ください。

相見積もりを複数の業者に一括で依頼できるサービスのタウンライフ家づくりの評判や口コミが実際どうなのかを調べました。住宅の相場が分かれば数百万単位の金額差が生れる場合こともあります。タウンライフ家づくりの疑問点やメリット、デメリットはコチラ⇒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする