一戸建て住宅のセキュリティ対策!空き巣に侵入されないポイント

ご近所の一戸建て住宅に空き巣被害があり、家族で不安な日々を過ごしたことがあります。
最初の頃は自分だけは大丈夫と思っていたのですが、身近でこのような犯罪を目にすると他人ごとに思えずに、セキュリティ対策について真剣に考えてみました。

・一戸建て被害の実情

一戸建ての空き巣被害が多発する背景には、一戸建て特有の環境が関係しています。

例えばセールスマンや宅配業者などを装い、門扉を空けて敷地内へ入ってしまえば、ブロック塀や植栽で視界を遮られために、近隣の人たちに発見されずらいことがあげられます。

警視庁の過去の調査資料によると、全体の6割が引違窓などのガラスを破り侵入しているそうです。

次には住人のカギの閉め忘れを狙って空き巣に入ったり、玄関ドアや勝手口のドア錠を特殊工具によりピッキングして侵入するパターンがあります。

空き巣の目的は金品目的の場合だけでなく、中には凶悪犯罪に発展する場合もあり、安心して日々の生活を送るためにも万全な防犯セキュリティ対策が求めれます。

・一戸建てのセキュリティ対策

セキュリティ

鍵の閉め忘れについては、家族でお互いで注意して声を掛け合うことで防げるでしょう。

しかし最も注意すべきは、窓ガラスを破って侵入してくる空き巣対策です。

窓のセキュリティ対策

合わせガラス

効果的な方法は防犯性能が高い合わせガラスに取り換えることです。

2枚の硝子の中央に特殊なフィルムが挟まれていて、打ち破ろうとしても遮られて貫通に手間取るようになっています。

周りを気にしていて空き巣は焦っていますから、5分以上時間が掛かるようなら諦めて退散する可能性があります。

1階周辺の高窓や引違窓を、この防犯性能のある合わせガラスに取り換えていれば安心です。

コスト的に割安な方法としては、通常のご自宅のガラスに防犯フィルムを直貼りするタイプもあります。

防犯性能とコストを勘案して検討されて下さい。

また補助錠つけることでクレセントを開けることができないので、ガラスを広範囲に破ることになり、時間を引き延ばすことで合わせガラスと2重の防犯対策となります。

ドアのセキュリティ対策

1ドア2ロック

玄関ドアもピッキングにより開錠される恐れがあるので、1ドア2ロックにすることで時間を稼ぎ、空き巣に入られる可能性を低減できます。

それと防犯性能の高い錠前に取り換えることをお勧めします。

目安としては警視庁や国土交通省、経済産業省、日本ロック工業会、メーカー団体などで検査を行い、開錠に5分以上かかると認められた製品に貼られるCPマークの認定製品が信頼できます。

外部のセキュリティ対策

侵入してくる泥棒は不意の光や異音などに敏感で嫌がるものです。

近隣の住宅との隙間部分や裏側になる部分は人目に付かないので、監視カメラやセンサーライトを付けることで防犯対策になります。

昼間は気にならないところも、夕方くらいから薄暗くなり人の気配が分かりずらくなるので、早めに外灯を付けて住宅の周辺を灯しましょう。

その他のセキュリティ対策

ホームセキュリティ

ご自分での防犯対策も良いのですが素人では限界があります。

家族が留守の時や就寝時でも、空き巣や火災なども含めて24時間365日監視してもらえる、

セコムのホームセキュリティであれば異常事態時にガードマンが駆けつけてくれるので安心です。

【セコムの評判について記事を書きました。ご参考ください。】

ホームセキュリティの契約件数が業界でNo.1のセコム(SECOM)は有名ですが本当の評判がどうなのか?どんな会社が運営しているのか?口コミや評判が気になるところです。契約して後悔しないためにもメリットやデメリットを調べてみました。

・まとめ

一戸建て住宅の空き巣被害について真剣に考えてみましょう。

自分だけは大丈夫と安易に思わないで、セキュリティ対策について紹介しますので参考にされて下さい。

一戸建ての空き巣被害の実情は、営業マンや定期点検業者などを装い、近隣住民の目を欺き空き巣を犯します。

警視庁の統計では、全体の6割が窓などのガラスを破り侵入します。

次にカギの閉め忘れ、そして玄関ドアなどからのピッキングによる侵入が多いそうです。

最近では凶悪犯罪も多発しているので、防犯セキュリティ対策は重要です。

一戸建てのセキュリティ対策は、鍵の閉め忘れについては、家族で共通認識として注意し合うことが重要です。

引違窓などのセキュリティ対策は、防犯性能の高い合わせガラスに取り換えることです。

打ち破ろうとする時間を引き延ばして貫通を妨げるのです。

コスト的に割安な手段もあり、ご自宅のガラスに防犯フィルムを直貼りすることもできます。

また補助錠つけることも有効な手段と言えます。

玄関ドアなどのセキュリティ対策は、1ドア2ロックにすることと、防犯性能の高い錠前に取り換えることです。

警視庁や日本ロック工業会、メーカー団体が検査して認められたCPマークの認定製品を使うことがお勧めです。

外部のセキュリティ対策は、近隣の住宅との隙間部分などに監視カメラやセンサーライトを付けることで防犯対策になります。

家族が留守の時や就寝時でも、空き巣や火災なども含めて24時間365日監視してもらえる、セコム・ホームセキュリティであれば異常事態時にガードマンが駆けつけてくれるので安心です。

一戸建て住宅のセキュリティ対策を考えてきましたが空き巣の被害に遭ってからでは手遅れです。

ご自分でできる防犯対策から計画を立てて取り組まれ下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする