自然災害から一戸建てを守るために自分でできること

自然災害  一戸建て

夢のマイホームを購入して日々平穏な生活を、これからもずっと続けていきたいと誰でも願っています。

しかし全国では冠水や土砂災害に見舞われている現実があります。

街並みが綺麗とか交通の便が良いとかだけではなく、自然災害に遭う可能性についても住宅選びでは大切な要素となります。

どのような自然災害があるのか理解して、お住まいの地域やこれから一戸建てを購入する予定地の災害想定場所などを誰でも調べられる方法を紹介します。

・一戸建てに迫る自然災害を知る

洪 水

洪水 河川

大雨により河川の水位が上昇して河川以外の住宅地などの下水道施設の排水ができなくなり浸水する。

土砂災害

土砂災害 がけ崩れ

がけ崩れは、地震や大雨で地面に染み込んで斜面の緩んだ土砂が、突発的なスピードで流れ落ちる。

地滑りは、いくつも重なり合った地層に地下水が浸透して、表面の地盤が広範囲ですべり落ちる。

地盤の液状化

大きな地震が発生した時に、地面が一時的に液体のようになり建物を傾けたり地中に沈めさせる。

・ハザードマップポータルサイトを利用する

ご自分が住まわれている地域や、今から一戸建てを購入予定の地域で自然災害が過去に発生していないか知るには、地域の住民の方に聞き取りしたり、市町村役場の担当窓口や気象庁などに問い合わせする方法があります。

ただわざわざ足を運んでまですることに気兼ねするのであれば、ネットで簡単に自然災害を知ることができる、「国土交通省ハザードマップポータルサイト」で簡単に希望する地域を調べることが可能なのです。

全国の市町村が作成した、わがまちハザードマップは都道府県と市区町村を選択すると該当するハザードマップが表示されます。

洪水ハザードマップ、高潮ハザードマップ、火山ハザードマップ、津波ハザードマップ、土砂災害ハザードマップ、震度被害(ゆれやすさ)マップ、地盤被害(液状化)マップの中から調べたいハザードマップを選択して閲覧しく下さい。

・自然災害一戸建てのまとめ

慣れ親しんだ土地であれば自然環境や災害についても知っているでしょうが、新居を構える場所が見知らぬ地域であれば、万が一を考えると自然災害について調べることが必要でしょう。

建物の耐久性や耐震性能を強化することも大切ですが、地域の安全性についても家族で話し合われて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする