転職の給料交渉には成功する方法がある!後悔しない17の秘訣

転職 給料交渉
転職をお考えの方に給与交渉で後悔しないためのコツを紹介します。

・転職で給料交渉を失敗する場合

面接で給与について言い出せずに前職よりも大幅に年収が下がってしまった。

履歴書に希望年収を書いていたが内定後に確認したら社内規定通りで給料ダウンになっていた。

履歴書
このようなことにならないためにも給料の交渉で優位に進めるためのポイントを一緒に見ていきましょう。

・給料交渉で成功するコツ

高すぎず安すぎずの給与水準が狙い目

給与水準

自分が希望する給料と企業が出せる給与がかけ離れていると交渉のハードルが上がってしまいます。

採用後も前職での実績があっても、どれくらいの働きができるのか注目され期待値も最大限までアップするでしょう。

事前にしっかりとリサーチして、これくらいなら認めてもらえるであろうと思われる給与水準で提示することが成功の秘訣です。

条件を求めすぎない

自分が希望している給料を認めてもらいたいのであれば「休日はこれくらい欲しい」「残業はできるだけ控えたい」などの条件を同時に求めすぎない方が良いでしょう。

条件を求めすぎない

給与を希望通り認めてもらえるのであれば最初のうちは、他の条件を主張しない方が受け入れられる可能性が高まります。

面接の時に交渉する

転職先の内定が決まった後では給料の交渉は難しいでしょう。

その企業の基準があり実績や年齢に伴った給与がすでに決まってしまいますから、給料交渉するのであれば最初の面接のタイミングとなります。

面接の時に交渉する

面接官の表情を読み取りながら交渉することになりますが自分の説明がどれくらい伝わるのか、納得してもらえるのかがカギとなるでしょう。

リスクを伴うことも忘れてはなりません。

給料交渉が折り合わずに面接を落される事も考えられるので覚悟が必要でしょう。

貢献できる数値を示す

面接官を説得するには業務経歴書だけでは給与交渉の判断材料としては足りません。

具体的に過去に成果を上げることができた事案を例にして、転職先企業での業務に当てはめて何%アップなどの業績向上ができる根拠付けをすることが大切です。

貢献できる数値

自分がリーダーとなり独自のプロジェクトを成功させて社内表彰されたなども印象に残るでしょう。

もちろん自分に対してプレッシャーが掛かりますが希望する年収を獲得するためにはこれくらいの気概が必要でしょう。

すぐにOKしない

採用担当者より提示された給料が自分の予想を上回っていてもすぐに飛びつかないようにしましょう。

すぐにOKしない

希望額は最初は低めに提示して相手の状況を見極めている段階です。

少し考える時間が欲しいと伝えて保留することで給与の上乗せが期待できます。

内定をチラつかせる

同時に数社にエントリーすることは珍しい事では無いので内示を貰っているなら、提示されている年収を伝えることで交渉が捗ることでしょう。

自らの給与水準より高ければ優秀な人材である証にもなるので、希望給与を勝ち取れる可能性が高まります。

転職エージェントに依頼する

自分が転職を希望している業界に精通しているキャリアアドバイザーであれば、実績に伴う給与水準を把握しているので給料の交渉もしやすくなるでしょう。

事前に相談すれば希望年収が妥当なのか高過ぎるのかもアドバイスしてもらえるので、見当違いな提示をすることも防げます。

転職エージェントに給与水準の相談をされたい方に、無料で利用できるサービスについて記事にしましたのでご覧ください。

外資系企業や国内大手企業の管理職求人で有名なjacリクルートメントに興味があるけども自分の年齢で大丈夫なのか?運営会社はどうなのかなど不安なものです。jacリクルートメントのメリットやデメリット口コミ情報などを紹介しますので活用されて下さい。

給料交渉は面接の後半で

面接官から質問されて最初から給与のことを細かく聞き過ぎると、お金への執着が強い人物だと思われて呆れられるでしょう。

最初は業務を具体的にプロジェクトを進捗する上で聞かなければならない前向きな質問に留めておきます。

終盤で良いずらそうな素振りをしながら給与の話へ切り込んでいきましょう。

自分を採用してもらえれば御社には損をさせないくらいの説得材料を準備しておき畳み掛けます。

お金は大事ですがタイミングを間違うと人間性を疑われかねません。

給料のダウン提示をされたら

自分が希望している年収に届かない場合には、どのような貢献をすればアップするのか、数年後の見通しも尋ねてみましょう。

給料 ダウン

金額に極端な開きが無ければ2~3年で巻き返せる可能性があります。

トータルで考える

今は給与交渉が上手くいかないで年収が下がってしまっていても会社の将来性や福利厚生、昇給により給料も見込まれるので定年までのトータルの収入を算出してみてはどうでしょうか。

トータルで考える

目の前のお金だけに惑わされずに将来を見据えることで納得できるかもしれません。

希望する給料は譲れない

前職よりも給与ベースが下がっていて、どうしても譲ることができない場合は具体的に提示しましょう。

基本給やボーナスなどを含めた実際の年収に対して何%のアップが希望なのかを伝えます。

「できるだけ」「少しでも」などでは間違った受け取り方をする可能性があるので明確な金額を準備しておきましょう。

自分の能力を適正に判断する

いくら俯瞰で自分の実績やスキルを見直しても評価が甘くなってしまうものです。

実力よりも過大評価してしまえば希望年収も見合わないで、企業からも相手にされなくなる可能性も否定できません。

希望する業界に精通している転職エージェントに相談することで、客観的な自分のポテンシャルが明らかになり適正な給与を割り出してもらえます。

メールでは交渉しない

大切な給与の交渉を直接言い辛いからとメールで「この年齢だとこれくらいの給与が水準だと思います」などと根拠のない内容で交渉してもダメでしょう。

口頭でしっかり伝えられないコミュニケーション能力が低い人物だと烙印を押されます。

同じポジションをリサーチ

ネット検索でも調べることは出来ますが信憑性が乏しいので、自分がエントリーしている企業や若しくは同じようなポジションで働いている友人に年収を聞いてみましょう。

給与水準をはかる上で重要な情報となります。

アピールはほどほどに

自分の家族の事情を話して同情に訴えたり、これくらいの働きができるので年収はこれくらいが妥当とばかりに自信満々な態度で交渉してきます。

このような方は圧が強くて謙虚さに掛けているので、面接官に悪い印象を植え付けてしまい同僚になる事を拒絶される可能性があります。

給料交渉を受け入れる企業か

企業はそれぞれで風通しが良く意見が言いやすい自由な風土なのか、働く前から給与の交渉何てもってのほかと思われる会社も存在します。

給料交渉 受け入れる

ホームページから口コミ情報や代表者のコメント、転職を決めた先輩の体験談などが掲載されているので参考になるでしょう。

スキルを最大限に活かせる職種

転職で給料交渉を優位に運ぶには、今まで培ってきた実績やスキルが最大限に発揮できなければなりません。

経験が無いなどの異業種への転職では即戦力になるまでに時間が必要となり、最初から給与アップを勝ち取ることは難しいでしょう。

・転職の給料交渉まとめ

希望する企業の内示を受けて意気揚々と乗り込んだものの、給与が想定よりも低くモチベーションが下がってしまった。

このような事態にならないためにも転職時の給与交渉は大切です。

一旦入社してしまうと階段を上るようにコツコツと積み上げて行くしかない場合が多いでしょう。

転職は一気に年収をアップさせる最大のチャンスと捉えて下さい。

給料交渉のポイントを御覧頂き実践されることで希望される給料を勝ち取る可能性が高まることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする