ビズリーチ(bizreach)の評判はどうなのか?後悔しない効果的な使い方


BIZREACH

『ビズリーチ(bizreach)』登録しても大丈夫なのか、本当に信頼できる転職紹介サービスなのか評判を調べたいと思われていることでしょう。

私は実際に転職を経験していて、ネットで探せる転職情報は膨大にありますが、中には信用できないと憤りを感じたことが何度もありました。

疑いすぎるのも問題ですが同じような後悔をすることがないように、自分で調べた結果を今回は記事にしようと決めました。

ビズリーチ(bizreach)の特徴を紹介しますのでご覧ください。

目次

・ビズリーチ(bizreach)とは

管理職求人や高年収の転職で知られているビズリーチに興味がありませんか?

ビズリーチは最大規模のエグゼクティブ会員制の転職サービスです。

採用企業数は7,900件以上で登録会員数はおよそ74万人、優秀なヘッドハンターが揃っていて2000名以上が対応してくれて、大手企業や外資系企業、管理職の転職を目指される方向けとなっています

グローバルな人材の選択肢を広げて理想的な転職を実現することに特化しています。

働きながら転職先を探すのに時間が無い場合でもカンタンに登録できる登録画面は、求職者の立場を細やかに考えられていてとても助かります。

焦らずに中長期的な視野で希望する優良企業をじっくり探したい方に向いている転職エージェントです。

・ビズリーチの運営会社は信用できるか

ビズリーチ 転職サービス

ビズリーチの転職サービスを運営している会社は、本当に大丈夫なのか疑問がありますか?

株式会社ビズリーチは、東京都渋谷区渋谷にあり資本金41億円です。

2009年4月に創業の従業員数650人(2016年09月16日)でインターネット関連サービス事業を展開している企業です。

代表取締役社長の南 壮一郎氏の経営理念として、企業にも転職者にとっての選択の幅を広げることで、待ちの姿勢だけではなく自分の考えで目的を達成できることを目的としていて転職市場に新しい風を吹き込んでいます。

南社長はあのモルガン・スタンレー証券株式会社でM&Aアドバイザリー業務を担当していて、楽天イーグルスを立ち上げ当初に関わっていたこともあり、世界で活躍する企業リーダー50人の1人としてダボス会議に参加した実績もある優秀な経営者です。

平成29年2月には、次世代を背負っていく起業家のロールモデルとして、社会的にインパクトを与えた事業を創り出したベンチャー企業として選出され日本ベンチャー大賞を首相官邸にて経済産業大臣より授与されていて企業として信頼性は高いでしょう。

・どんな転職者が利用するか

外資系企業

専門的なスキルに自信がある

現在の勤務している会社で管理職経験があり専門的なスキルがある方です。

大手企業に転職したい

大手企業や外資系企業に転職したい方です。

今よりも高年収を得たい

現在の年収をアップさせたい方です。(600万以上)

時間が掛かっても好きな企業に転職したい

腰を据えてグレードの高い希望の案件を待てる方です。

・ビズリーチで転職するメリット

自分の市場価値が分かる

市場価値

自分自身の転職市場での価値が認められればハイグレードなスカウトが届くことで客観的に見れるし、冷静な判断をすれば条件の良い企業へ転職できるサービスです。

ヘッドハンターから直接の面談を希望するメールがくれば、自分の市場価値はあることなので胸を張ってアピールして良いでしょう。

思いのほか評価されてアップするのか、逆にダウンするのかはスキルや企業の求人のタイミングにもよりますが、参考にして今後どうするのか指標にすることができます。

ヘッドハンターからのスカウトを待てる

転職活動を積極的にできない場合には、待ちの姿勢でいられます。

希望の条件に即した2,000名を超えるヘッドハンターや、国内外の優良企業や採用担当者からの情報を見て、転職先を決められることは魅力的です。

希望する企業との出会いが早まるでしょう。

非公開の高年収の求人がある

高額年収

一般では出回っていない高額年収の案件と出会えます。

企業側で抱えていて公にできない理由がある場合です。

大企業や外資系企業の管理職情報などを、検索することができるので可能性は更に高まります。

先々転職を考えている

大手企業の求人担当者やヘッドハンターから問い合わせを同時に受けることが可能です。

最初にビズリーチに登録すれば気が向いた時に職務経歴書を修正更新をしながら様子見で構いません。

非公開で管理職を補充するための急募の求人案件は、一般的な求人と比較すると報酬が高いものです。

出来る限りハードルを上げて希望を記述して登録すれば、時間は掛かりますが驚くような好条件で声を掛けられる可能性もあるでしょう。

・ビズリーチのデメリット

急ぎの転職は不向き

高収入の案件を探すためにヘッドハンターに要望を詳細に知らせてマッチした企業からのオファーを待つことになりますが、一見良さそうな案件でも飛び付かずに冷静な判断が必要です。

慎重に選ばないと条件の細かな部分が希望通りでなかったりして、退社することになると長年積み重ねてきた実績にキズがつきます。

管理職向けや年収アップを狙う求人が多いので、焦らずにじっくり待てる方がチャンスを掴みやすいです。

ヘッドハンター頼りになる

未公開の企業求人が占めているのでヘッドハンター依存になってしまいます。

企業内の情報を知る必要がありますが、優秀な人材と企業との橋渡しをすることが成果になるので、企業イメージを損なうような情報は教えずらい立場となりがちです。

信用できない訳ではありませんが自分なりにも情報収集された方が良いでしょう。

合わないヘッドハンターもいる

優秀なヘッドハンターでも中にはどうしても、気が合わない人が必ずいます。

質問をして受け答えの内容や会話の仕方でもしっくりくる場合と少し引っかかるような人もいるでしょう。

人間がすることなのでどうしようもないことですが、気になるのであればヘッドハンター大賞を受賞している人物を探されると良いでしょう。

「ヘッドハンター大賞」とはビズリーチ会員の転職成功にどれだけ導けたのか、企業に貢献できたのかを基準にして部門別のMVPやベストマッチング賞などがを授与する仕組みです。

最も実績を残されたヘッドハンターには「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー」の称号が与えられます

検索する時にヘッドハンター大賞を貰っているヘッドハンターにはフラグが記されます。

・ビズリーチで転職を成功させるための注意ポイント

注意ポイント

職務経歴書に嘘は書かない

職務経歴書を本来の実績よりも大げさに盛って書かないようにしましょう。

要求されるスキルが無いと、いずれ分かることなので真実の内容で登録して下さい。

同一企業に複数のヘッドハンターから依頼しない

いろんな転職情報サイトから複数のヘッドハンターを介して求人の応募はしないよう注意します。

ヘッドハンター

企業の求人担当者から同一人物から問い合わせがあると手間が掛かり不信感を抱かせる可能性が高いでしょう。

推薦文にオリジナリティを持たせる

担当するヘッドハンターは転職希望者を推薦するために300文字から1000文字程度で書かれるでしょうが、不慣れなヘッドハンターだと業務経歴書と全く一緒だったり、ひな形で決まりきった文言で記載されている場合があります。

確認のために推薦文を見せてもらいましょう。

気になる点は添削し、追記して修正を加えることで完成度が高まるでしょう。

3ヶ月以内の転職希望にする

転職希望時期は「3ヶ月以内」で設定するとヘッドハンターからのアプローチが増えます。

それは転職を紹介して就職が決まらないとヘッドハンターの成果にならないので、早急な転職希望は=自分の売上に直結することから猛烈に交渉してもらいやすいのです。

職務経歴書は熱意を持って

業務の内容や期間、転職先での希望している業務などを熱意を持って書いて下さい。

採用担当者やヘッドハンターもこの情報を頼りにして連絡をしてきます。

自分のスキルをしっかり見直し自信を持って書き切りましょう。

興味がある案件は早めに連絡

一般的な転職サービスのように企業を探すために検索することはもちろんのこと、ヘッドハンターが担当している案件は膨大でハイキャリアな企業情報があります。

優良案件なので掲載される期間は比較的短いので興味があれば早急にアポを取った方がいいでしょう。

低い希望年収がスカウトを惹きつける

あまりにも高望みした年収を希望してしまうとスカウト数が少なくなることがあります。

時間的に余裕があり本当に自分にあった案件のスカウトだけで十分と思うのであれば、最初から高めの年収で設定しても構わないでしょう。

自分の実績を活かす

自分の実績を活かす

好条件の企業案件は今まで培ってきた経験を業績向上に活用できることを見込んでいるので未経験者で臨むのは厳しいでしょう。

自らの経験が希望する職種や業種と関連性が高くなることが望ましいです。

複数のヘッドハンターに依頼

1人だけヘッドハンターを決めて依頼するのではなくて同時並行で3人以上はコンタクトを取った方が、希望する案件を射止める確率が高まるでしょう。

プラチナスカウトで内定の確立アップ

プラチナスカウトは求職者に優位な面接が確約されているスカウトなので、絶えずチェックして確認を忘れないようにしましょう。

プラチナスカウトメールは、スカウトメールと違い無料で企業やヘッドハンターからのメッセージを確認して、返信することができるので積極的に利用します。

職務経歴書も1度書いて放置するのでは無くて、興味を持ってもらえるように何度も更新することで企業やヘッドハンターの目に留まりやすくなります。

社長や役員の面接を確約されたオファーであればかなり内定の確立もアップするでしょう。

プラチナスカウトメールを受け取る

積極的にヘッドハンターへ連絡する

スカウトを待たなくても希望する企業や希望する業界を得意とするヘッドハンターに連絡してみましょう。

運が良ければ職務経歴書を見てもらい企業が興味を持ってもらえることもあります。
ヘッドハンターも過去の採用を勝ち取った実績が調べられるので、希望する企業の求人紹介で活躍されているヘッドハンターを見つけてコンタクトを取ってみましょう。

有料会員で希望する企業採用をゲット

無料登録で希望する転職先が見つかれば言うことは無いでしょうが長引く場合もあります。

年収750万円以上を希望するなら月額5,000円程度が必要となります。

2ヶ月経過すれば10,000円が必要ですが無料の転職サイトに拘り妥協して条件を下げた企業へ転職をしてしまったり、半年以上も無職状態になるなら決して高いとは思いません。

基準に届かない場合

ビズリーチに登録されている企業が欲しがっている人材の条件を満たしていないと基準に届かない可能性があります。

・年収が極端に低い。

・現在までの転職の回数が多い。

・企業のためになるような経験やスキルが乏しい。

・資格がない人。

・年齢に応じたマネジメントの経験や資格を保持できていない。

・会社に勤めた年数が極端に短い。

・ビズリーチの疑問

ビズリーチの有料と無料の違いは?

「プラチナスカウトメール」
は、企業やヘッドハンターが条件にあった求職者を見つけ出してスカウトメールをしてくるシステムで通常のスカウトメールよりと比べると1割程度となります。

無料でもスカウトメールを閲覧することは可能なので、気に入った情報が得られたら有料登録にできるので無料会員のままでも十分です。

【無料会員】

・プラチナスカウトメールに返信・応募できる。
・求人情報閲覧。(応募不可)
・ヘッドハンター情報閲覧。(応募不可)

嬉しい事に登録してから7日間は、お試しでプレミアム会員として有料のサービスが使えるので、タイミング良く決めることができるかもしれません。

無料会員でも時間は掛かりますが、現在の年収をアップできる転職先と巡り合う可能性はあります。

専門性の高い優秀なヘッドハンターの情報を閲覧できますが直接応募することはできません。
ビズリーチを無料で利用する

有料プレミアム会員とは

無料でも十分転職活動は出来ますが、全部のスカウトメッセージを閲覧できるのでプレミアム会員の方が可能性が広がります。

タレント会員(年収750万円未満)
30日間:2,980円(税抜)
90日間:6,980円(税抜)
180日間:9,880円(税抜)

タレント会員で年収750万までの優良案件を紹介してもらえます。

最初は30日間の2,980円で始めてみると良いでしょう。

【有料会員】

・全てのスカウトに返信・応募できる。
・求人案件への応募。

ハイクラス会員(年収750万円以上)

30日間:4,980円(税抜)
90日間:12,940円(税抜)
180日間:19,880円(税抜)

年収750万円以上の年収が欲しいのならハイクラス会員になれば800万や1000万それ以上の案件もあります。

完全無料の転職サービスについて記事を書きました。ご覧ください。

外資系企業や国内大手企業の管理職求人で有名なjacリクルートメントに興味があるけども自分の年齢で大丈夫なのか?運営会社はどうなのかなど不安なものです。jacリクルートメントのメリットやデメリット口コミ情報などを紹介しますので活用されて下さい。

・ビズリーチを利用した感想

大手企業 求人

ビズリーチは他の転職紹介サービスと違い、国内の大手企業や外資企業の求人が多かった印象です。

大企業でもあまり公けにしたくないような重要なポストもあり驚きましたが非公開なので、一般の求人としては出てこない案件を知ることができ自分だけのお得感が味わえました。

当然高収入になる訳ですから企業側からの要求もそれなりにありましたが、その企業で自分が実力を発揮できる確信があれば迷いはありません。

自分の市場価値を知ることができ、普段知られていない大企業の管理職求人などが複数あり、やっぱりビズリーチに登録して良かったと思いました。

年収600万円以上の案件は当然ですが、1000万以上の案件だってスキルに自信があればチャレンジすることもできます。

最初は無料プランでもハイクラスの公募求人を利用できるので十分です。

もし企業側と条件が折り合わなかったりして数ヵ月長引くようなら、その時点で有料会員を30日間登録しても遅くありません。

・ビズリーチ使い方の流れ(登録方法)

無料会員登録

1、無料会員登録

登録はビズリーチの公式ページからできて無料です。

事前に準備していれば所要時間は10分くらいで入力できるので利用しやすいでしょう。

最初にメールアドレスとご自分のパスワード、現在の年収をお選び下さい。

会員登録

性別をお選び下さい。

性別

お住まいの地域をお選び下さい。

地域

生年月日をお書きください。

生年月日

語学力をお選び下さい。

TOEICの点数や言語も追加できます。

語学力の画面は正直に書かれて結構ですがビジネス会話レベルと記載されると多少は優位になるでしょう。
いずれにしても語学力は企業の採用担当者やヘッドハンターが面談で見てくれるでしょう。

語学

学校種別を選択、学校名や学部、学科、専攻をお書きください。

卒業年月をお選び下さい。

最終学歴

実名をお書きください。

氏名

携帯の電話番号をお書きください。

連絡先

転職経験の有無をお選び下さい。

転職経験

転職希望時期を3ヵ月以内から今は考えていないの中でお選び下さい。

転職希望時期

在籍している会社名や部署、役職名をお書きください。

在籍期間をお選び下さい。

在籍企業

直近の業種をお選び下さい。

直近業種

直近の職種をお選び下さい。

直近職種

業務内容を下記の入力例を参考にされてお書きください。

業務内容

これで基本情報の入力は終了ですのでスカウトを受け取れます。

転職率を向上させるために詳細情報も入力されることをお勧めします。

基本情報

ここからが詳細情報入力です。

直近の勤め先の年収をお書きください。

お勤め先から支給されている年収は、源泉徴収票に記載されている税を引かれる前の総支給額になります。

直近年収

今までの職場でマネジメントされていた人数をお選び下さい。

マネジメント経験

今まで経験された業種を3つお選び下さい。

経験した業務

経験された業務と経験年数をお選び下さい。

経験業務

職種をお選び下さい。

職種

5つまで経験した職種をお選び下さい。

それぞれの経験年数をお選び下さい。

職種

職務経歴をお書きください。

職務経歴

希望する年収をお選び下さい。

希望年収

ご希望の業種を2つお選び下さい。

希望職種

ご希望の職種を3つお選び下さい。

希望職種

ご希望の勤務地をお選び下さい。

勤務地

興味がある働き方を会社の特色や待遇、職場環境、事業内容、業務内容から5つお選び下さい。

働き方

保有されている資格や免許をお選び下さい。

資格

社内や社外を問わずに表彰された名称や概要をお書きください。

受賞年をお選び下さい。

表彰

これまでのキャリアで得られたスキルを入力例を参考にされてお書き下さい。

スキル

これまでのキャリアを時系列でお書き下さい。

入力例を参考にされて下さい。

自分のスキルを遠慮なくアピールできるようにしましょう。

業務要約

特記事項があればお書きください。

特記事項

登録が完了しましたので1~3営業日で審査が完了してメールアドレスへ通知されます。

登録完了

求人一覧を閲覧できるになったので興味がある案件を見てみましょう。

求人一覧

登録完了後はスカウトメールを待っても良いしヘッドハンターを検索して希望の案件を探すこともできます。

数日から1週間程度ではスカウトメールを受け取れるでしょう。

2、自分で企業と直接交渉したい方

・企業からあなたにスカウトが届いたらライバルに先を越される可能性があるので、早急に回答すると採用の確立が高くなります。

・自分で企業の「採用企業案件」のラベルがついた求人情報を検索して探します。

・あなたの職務経歴がマッチした場合に「求人案内」メールが送られてくるので条件が合えば応募して下さい。

2-1、ヘッドハンターのサポートが必要な方

ヘッドハンターから直接届いたスカウトを確認して早めに返信した方が採用の可能性が高まります。

ヘッドハンターの求人は非公開の案件も含まれます。

「ヘッドハンター案件」のラベルがついた求人情報を検索して探します。

「ヘッドハンター検索」ページで職種に特化したヘッドハンターを探すことができ、希望の条件を考慮して非公開求人を提案してもらえることもあります。

ヘッドハンターに職務経歴書の書き方や面接などのサポートも受けられます。

3、企業との面接

企業との面接では冷静に自分の実績をアピールして下さい。

4、内 定

企業の内定がもらえたら内定通知書を熟読して記載内容を再度確認してください。

ヘッドハンターのサポートの場合には、年収などの交渉はヘッドハンターで対応します。

内定が承諾されたらビズリーチからお祝いを受け取れます。

・ビズリーチの使い方まとめ

デメリットがないわけではありませんが、専門的なスキルがあったり、大手企業や外資系企業に転職したい、現在の年収をアップさせたいなら利用者に評価されているのでお勧めです。

転職で失敗した経験があったり初めて転職に挑まれるのであれば、業界に精通している優秀なヘッドハンターが転職をサポートしてもらえるので、悩みを相談したり注意すべきポイントをアドバイスしてもらうと良いでしょう。

登録は簡単で10分ほどで完了しますので、ビズリーチ(bizreach)公式ページから行うことができます。登録後、数日から1週間以内にはスカウトメールメールが届くでしょう。

あなたの転職活動が成功することを願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする