転職初日の挨拶を成功させる!第一印象で好感が持たれる13の方法

転職 初日 挨拶

転職先で初めて会う上司や同僚への挨拶を失敗しないためのポイントを紹介します。

・緊張で思うように話せなかった

在籍した会社とは雰囲気も違い初対面の在籍者の方々の鋭い視線に晒されて、カチカチに緊張してしまい思うように挨拶ができなかった。
このような事態に陥り後悔しないためには事前の準備と注意ポイントがあるので一緒に考えてみましょう。

・転職初日のあいさつで失敗しない秘訣

会社情報を徹底的にリサーチする

自分が世話になる会社のことを詳しく調べない何てありえません。

働きながら徐々に社内の雰囲気や業務を理解すれば良いと思われていませんでしょうか。

ホームページや口コミ、知り合いが勤めているなら問い合わせて聞き取りをします。

企業リサーチ

事業内容や会社の特徴、経営陣の考え方、企業風土などは当然のこと規定マニュアルは熟読して基礎的知識は頭に叩き込みましょう。

現在進行形のプロジェクトなどの情報を得られれば、他の採用者より優位な気持で余裕が生まれます。

上司に質問されたり逆にこちらから聞きたい事も的外れにならずに呆れられることもないでしょう。

友人や家族の前で練習する

気が許せる友人や奥様、子供たちの前で本番さながらに挨拶を行います。

夫婦 挨拶練習

しっかり記憶していたつもりが、頭の中が真っ白になることも回数をこなせば慣れてくるでしょう。

内容やしゃべりの強弱なども客観的に見てもらうことでアドバイスをもらえます。

出社のリハーサルを行う

面接で訪れていても通勤時間により交通機関の混み具合も異なってくるでしょう。

出社のリハーサル

初出勤で渋滞に巻き込まれて遅刻してしまっては元も子もありません。

心に余裕を持つ意味でも数日前には、会社までの経路をリハーサルすることで万全を期して望みましょう。

転職初日のイメージトレーニングをする

前日に、転職初日の出勤から出社して他の採用者とオリエンテーションを受けて、部署に配属され在職者に挨拶をして仕事をスタートする。

このように転職初日の自分の行動と、上司や同僚とコミュニケーションを図りながら上手くやり遂げるイメージトレーニングをしましょう。

イメージトレーニング

脳裏に良いイメージを焼き付けることで不安な気持ちが払拭されて気持が楽になります。

当然登場人物や不測の事態が起きることもありますが、最初からネガティブな感情を抱き過ぎるよりは達成感が得られるでしょう。

身だしなみはお洒落に整える

身だしなみ

よれよれでシワシワなスーツやシャツだと悪い印象しか得られないので清潔感がある無難な服装が推奨されています。

特にお堅い会社であれば他の社員よりも目立たないようにしますが、そうでなければ個性を際立たせるお洒落な服装でインパクトを与えましょう。

できるビジネスマンは仕事ができるのは当然でお洒落なものです。

早めに出社する

早朝 出社

今までの会社であれば始業15分前の出社だったので同じようにしようと思っていませんか?

職場によって遅刻さえしなければ、ギリギリの出社で構わない場合や逆に60分前には、上司や仕事に燃えている同僚が勢ぞろいしていることがあります。

職種でも朝方で午前中に主要な業務を終わらせる場合や残業が当たり前で夜からバリバリ働きだす会社もあるでしょう。

自分を受け持ってもらえる上司や同じ部署の同僚と初対面するので、40分前には出社して個別に挨拶と簡単な自己紹介をした方が馴染みやすいです。

ただし職場によってはセキュリティの関係で不審者扱いされると困るので事前に採用担当者へ伺いを立てておきましょう。

自分を隠して職場に溶け込む

今までの業務実績を自慢げに打明けるのは早すぎます。

初日の挨拶では、どのような人物なのか上司や同僚は観察している段階なので人間的で接しやすい印象が大切です。

与えられたポジションでチームワークを大切にしながら頑張りますので宜しくお願いしますと低姿勢で行きましょう。

自分の色を出すのは仕事にも慣れてきて周りにも実力を認めてもらえてきた6ヵ月以降でも遅くはないです。

真面目さとユーモアをバランス良く

仕事に取り組む真面目な姿勢で社内の上司や同僚に挨拶することは大切ですが、そればかりだと堅苦しくて遊びが無さすぎます。

趣味の話や特技、ウケ狙いでない軽いジョークで笑顔を見せて人間味あふれる仕草を見せましょう。

ユーモア

コミュニケーションで無くてはならないお酒が好きなことも打明ければ誘われやすくなります。

しっかり聞き取れる声で簡潔に話す

初めて会う職場の人たちを前にして緊張のあまりボソボソと挨拶してしまうと、遠く後方の同僚から聞き耳を立てて「聞えないのでもう1度お願いします」と言われかねません。

自信がなさそうで仕事ができない印象を植え付けてしまうので気を付けましょう。

それと自己PRを考え過ぎて長々と喋ってしまい遮られて中断させられると、物事をまとめる能力が低いつまらない人物と思われます。

最低限の職歴や年齢、出身地、趣味などの自己紹介と自分がどんなことに貢献したいのか、在職されている社員に対してどのような思いがあるのかを端的に1分程度にまとめてしっかり挨拶しましょう。

同期より少しだけアピールする

転職者が多い企業の場合には、自分と同じような立場の同期となる同僚よりも早く覚えてもらう必要があります。

相手の挨拶の様子を見て足りない場合には、準備していたスピーチの内容をアレンジして少しだけ自分をアピールしましょう。

アピール

あなたが先に挨拶するのであれば少し強めに15秒ほど長めに挨拶して先手必勝で行きます。

もちろんそれには事前にアピールの頻度別や喋る長さに応じて3パターンは準備しておきましょう。

顔を上げて目を見る

配属された部署で在職者に囲まれてしまうと視線が泳いで落ち着きが無くなったり下を向いてしまう方がいます。

自分に自信を持って胸を張り視線は相手の目を見つめて気持ちを訴えましょう。

直視された視線を外されることもあるでしょうが、一人一人に対して気持ち込めれば早めに話しかけてくれる人も現れます。

挨拶の場が無ければ作ればいい

挨拶の場

一般的には、朝礼の場や午前のオリエンテーションが終わったタイミングで在職者に紹介されて挨拶を促されますが、いきなり業務のパートナーだけを紹介されて宜しくと仕事が始まることがあります。

そんな時には自らが動いてデスク周りの同僚には一人一人挨拶して回りましょう。

ポジションにもよりますが相手の年齢が若くても低姿勢で丁寧な言葉遣いを忘れないようにします。

外回りで不在だった場合には、帰社を待ってでも挨拶することが大切です。

どうしても会うことができない時には、社内メールを送り翌日には直接挨拶しましょう。

会話のきっかけを作る

会話のきっかけ

挨拶が終われば在職者の方々にあなたの基本的な情報は知られることになりますが、そこから会話をするきっかけは自分で作らなければなりません。

仕事を進める上で必要最小限の会話だけでは、人間関係は上手くいかないし信頼されるまで時間がかかります。

相手から話を振ってもらうことを期待しないで、家族のことや休日にやっている趣味のことでも積極的に話しかけましょう。

自分に興味を持ってくれて波長が合う同僚が必ず見つかります。

・まとめ

転職して最初の挨拶はどなたでも緊張するものです。

そんな環境であってもご自分の実力を発揮できる方なら良いでしょうが、そうでなければ転職初日の挨拶で失敗しない13の秘訣をヒントにされて準備を整え実行することで良い結果に繋がることでしょう。

転職活動で悩まれている方にプロに相談ができるサービスの記事を書きました。ご覧ください。

外資系企業や国内大手企業の管理職求人で有名なjacリクルートメントに興味があるけども自分の年齢で大丈夫なのか?運営会社はどうなのかなど不安なものです。jacリクルートメントのメリットやデメリット口コミ情報などを紹介しますので活用されて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする