会社の人間関係で孤立はヤバい!職場に溶け込む3ステップ

会社 人間関係 孤立

・職場で孤立すると仕事がしずらい

転職してきて職場で孤立してしまうと同僚とギクシャクした雰囲気になり仕事がやりずらくなります。

孤立してしまうには原因があるので会社での人間関係を改善するポイントを考えていきましょう。

・会社の人間関係を円滑にするコツ

孤立を脱するポイントをレベル分けしてレベル1が難易度が低く、レベル2、レベル3に向けて取り組みが難しく難易度が上がっていきます。

ご自分に合って方法を見つけましょう。

【レベル1】

朝一で先に挨拶をする

職場に朝早めに出勤して同僚や上司に自分から先に挨拶をします。

他に誰もいないので無視することもでず相手は挨拶を返さなければならない状況が作れるので、個人的なことも喋りやすくなるでしょう。

感謝の気持ちを伝える

感謝の気持ち

業務上のことでも当たり前と思わずに感謝の気持ちを伝えることで受け答えが柔らかくなります。

感謝されて嫌な気持ちになる人はいません。

気を利かせる

仕事の内容や状況に応じて黙々と作業をこなして周りのペースを乱さないようにする場合と、時間的に余裕がある時にはユーモアを交えた話題で明るい雰囲気作りができると誰でも話しかけやすくなります。

無駄話をする

真面目なことは悪くないのですがあまりにも仕事熱心だと堅苦しく感じて話しずらくなります。

仕事の合間に趣味や子供のことなど共通の話題で会話を繋げて雰囲気を良くしましょう。

職場のペースに合わす

見積もりの提出期限や決算資料の準備など仕事には期限があるものです。

慎重に作業するがゆえに周りのペースを乱してしまうのは呆れられる要因でしょう。

無理をしてでもスピードアップをして作業効率を上げることを心がけます。

間違ったら素直に謝る

間違ったら素直に謝る

仕事ができる人に多いのですが勘違いで社内書類や仕事の進め方で間違ってしまい、同僚に指摘されても屁理屈を並べて逃げます。

ミスを認めないその様子は見苦しいので、素直に認めて詫びることを覚えましょう。

人によって態度を変えない

上司の前では謙虚な姿勢なのに後輩の同僚に対しては偉そうな態度で命令ばかりしてくる人がいます。

明らかに人を見て態度をコロコロ変える様子は人間性を疑われるので、例え相手の年齢が自分よりも若くても真摯な対応をしましょう。

会社や上司の文句は言わない

会社 上司 文句

会社の待遇や上司の采配に不満を覚えてついつい愚痴をこぼす場合があります。

社内であれば同僚や上司が聞いていて、知らぬ間に広まってしまうと最悪なので絶えず意識して控えましょう。

それが飲みの席でも酔った勢いで上司や先輩の同僚に絡んでしまうのもダメです。

ポジティブな発言に終始する

部内で前向きに間に合わそうとしているのに「絶体間に合わない」「こんな仕事は最悪」などとマイナスなことしか言わないと団結していたチームの雰囲気が台無しです。

たとえ心の中で思っていても決して口に出さずポジティブな発言で同僚と励まし合うくらいはしましょう。

謙虚に振る舞う

社内で表彰されたり昇進したことで自分の実績であれば当然だと言わんばかりにデカい態度でいると、いつしか足を引っ張られることに繋がります。

出世競争で追い抜かれた同僚に業務上のミスや会社批判をバラされてしまうことになり兼ねません。

「自分はそんな身分でない」「みんなのお陰」と謙虚に振る舞うことを忘れないようにしましょう。

【レベル2】

職場のキーマンに嫌われない

仕事を進める上で重要な役割を担うキーマンとなる人材が職場には必ずいるものです。

そんなキーマンに嫌われたりお荷物に思われたら孤立する可能性が高まるので注意が必要でしょう。

相手のノリに合わせる

テンションが高くて陽気な相手や落ち着いた雰囲気を醸し出す慎重派ならそれぞれのノリに合わせましょう。

頼まれたらスピーディーに対応する

自分の作業を優先するがあまり頼まれたことを後回しし過ぎるのは問題です。

相手が困っているのであれば素早く対応することで感謝されることでしょう。

趣味や特技を活かす

語学が堪能であれば業務に活かす場面も多いでしょうし、趣味のゴルフで積極的にコンペに参加するのもいいでしょう。

頼りにされたり共通の会話が増えるのは間違いありません。

【レベル3】

バリアを張らない

性格的に目に見えないバリアを張っている方がいますが孤立する可能性が高まります。

少し頑張らないといけないでしょうが勇気を出して殻を破り素の自分を見せましょう。

職場の自分を俯瞰で見てみる

職場 自分 俯瞰

実際に働いている場面を頭上から全体的に見渡して見ることで、自分が浮いているなとか、場の雰囲気を壊してしまっているなど問題点が浮き彫りになります。

自宅で一人になって思い浮かべてみましょう。

プライベートも付き合う

仕事とプライベートは切り離したいと言われるかもしれませんが孤立を避けるためには、ある程度は付き合うことが必要でしょう。

共通の趣味や上司、同僚の自宅でホームパーティーなどがあれば積極的に参加することで孤立を避けられます。

感情をコントロールする

どこの職場でも性が合わない上司や同僚は必ずいるものです。

露骨に表情に出したり邪険な対応をしてしまうと場の雰囲気が乱れるので気持ちを悟られないことが大切でしょう。

一目置かれる

あなたの部署で優秀な人材として同僚や上司からも認められる存在になるのです。

例え距離を置かれたとしても羨望の眼差しで見られることでしょう。

・それでも職場の孤立から抜け出せない

孤立から抜け出せない

会社で孤立をしないための方法を実践してみたり、実行が叶わない場合はどうすればいいのか考えてみましょう。

上司に相談する

直属の上司に今課内で置かれている状況を正直に話して孤立から抜け出しましょう。

仕事中にプライベートの話を振ってもらったり酒の席を設けてもらうことでコミュニケーションが取りやすくなります。

仕事に集中する

目の前の仕事に全力で取り組むことで孤立を忘れる努力をします。

難しいことではありますが、くよくよ悩むよりかはマシでしょう。

プライベートで愚痴る

自宅で奥様に仕事場での不満を打ち明けたり、学生のころからの友人などに愚痴って発散します。

喋るだけ喋れば翌日職場で孤立しようが耐えることができるでしょう。

自分と波長が合う同僚を見つける

職場には一人ぐらいは気が合う同僚がいるものです。

他の部署でも見つかればランチの時に他愛もない会話をするだけでも気持ちが楽になるでしょう。

性格は変えられなくても行動は変えられる

自分を曲げたくない、媚を売ってまでも周りに合わせることができない性格の方は行動だけでも変えましょう。

よほど不器用でない限り心の中を表情から読み取られることはありません。

周りの人たちに嫌がられない好かれる行動だけをするのです。

苦痛に感じることもあるでしょうが慣れれば大丈夫です。

メンタルを鍛える

職場の人たちに何を思われようが自分の信念を貫き通すことができるメンタルを磨きます。

他人は他人、自分は自分と決められたルーティンをとにかくこなし日々の仕事を遂行します。

どんな風に思われているかなんて考えないことで孤立しても気になりません。

転職を考えてみる

人間関係に疲れ果てて孤立に耐えられない職場だと思うのであれば転職することもありです。

元の同僚や学生の頃の先輩などが務めていれば雰囲気も聞けるので、アットホーム感じでギスギスしていない会社を探しましょう。

・まとめ

会社では不特定多数の人材が働いているので人間関係で孤立することは珍しいことではありません。

やり方を間違わなければ難しい上司や同僚ともそれなりに円満な関係を築けるでしょう。

円滑な人間関係

ここで紹介したコミュニケーションが孤立しないコツを実践されて上手く社内でのポジィションを確保できるヒントになれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする