中小企業に転職しよう!その前にリスクを回避するチェックポイント

中小企業 リスク

中小企業への転職で後悔しないために確認すべき注意ポイントを紹介します。

・中小企業に転職して後悔する現実

大手企業で勤めていても裁量権もないし歯車みたいで仕事をしていても達成感を得られない。

自分を必要としてくれる企業であれば中小の企業でも転職したいと飛び込んでみたものの、理想と現実のギャップで以前の会社を辞めなければ良かったと後悔の日々,,,,,

このような事態に陥らないためにも中小企業への転職する際のチェックポイントを見ていきましょう。

・中小企業への転職を成功させる秘訣

中小企業と大手企業を比べた場合のメリットとデメリットを考えていきましょう。

中小企業の特徴を知る

メリット

経営者との距離が近い

大手企業であれば社長を見る機会は新年の方針を発表される時など数回しかなく対面する機会も殆どないでしょう。

規模が小さくなることで日常的に社長と会話をする可能性が広がります。

社長 会話

やりたいことを自由にできる

業務のマニュアルが大手ほど細かくないので自分の考えで作業する場面が多くなるでしょう。

社内決済を受ける範囲も緩くなってくるので効率的な作業を自分なりのアイデアで実行することも可能ですが、上司のチェックが少なくなる分ミスが起きないような最新の注意が必要です。

人間関係を良好に保ちやすい

限られた人員で協力しながら目標を達成していくことで仲間意識が養われ助け合いながら良好な人間関係が築けます。

人間関係 良好

部門間の交流も頻繁にできていて繁忙時期には、応援体制も組んでもらえる場合もあります。

大手企業のような部署の縦割り意識とシビアでギスギスした雰囲気は少ないでしょう。

転勤が少ない場合が多い

大手企業と比較すると地元密着で希望する地域での配属を継続してもらえる企業が多いでしょう。

転勤があっても隣接する県であれば対応しやすいです。

幅広いスキルが身につく

中小企業では大手と違い少ない人員で何でも業務をこなせるようでないとやって行けません。

幅広い スキル

大手のような歯車のように代わりがきく部分的な仕事ではないのです。

仕事の内容も細分化されずに複数の役割を一人で受け持つことで、幅広いスキルが身に付き自信となり今後の転職で戸惑うことは少ないでしょう。

人事評価されやすい

大手企業の場合には社員数が多いために一人一人の適正な評価がされずらい環境で、中小企業であれば直属の上司が評価するので実績や憂慮すべきポイントを見逃さずに加点してくれる可能性が高いでしょう。

人事評価

シンプルで早い

業務を進める上で決済をもらう上司の段階が大手ほどなく、経営者の意思決定が早いのでスピード感があり仕事がしやすいでしょう。

社内決裁 早い

内定が貰いやすい

大手企業と比べると採用条件も緩くなってくるし、ライバルの数も少なくなるので採用される可能性が高まります。

デメリット

仕事量が多くなりやすい

大手企業と比べると部署ごとの人員配置が少なくなる傾向にあるので一人当たりの仕事量が多くなりやすいでしょう。

作業量 増える

企業によっては力を入れている部署に集中的に投入している場合もあるので例外もあるでしょうが、絶対数が違うので業務範囲が広がることは覚悟しておくべきでしょう。

福利厚生に差が出る

大手企業は定期昇給や住宅、家族手当などの手当の種類も多く、退職金制度も含めて中小企業は劣るでしょう。

年収アップ分でトータル的に相殺する考え方もあります。

ネームバリューが無い

大手の有名な企業と比べると世間的な知名度や社会的な信用度は低くなってしまうでしょう。

大手からの転職は期待や嫉妬される

大手企業から中小企業への転職であれば「もの凄い実力らしいよ」と過度に期待を持たれることが多くプレッシャーになる可能性があります。

会社からポストも準備されていて在職者から嫉妬やひがまれることもあるでしょう。

期待 嫉妬 ひがみ

できて当たり前と思われて任されたプロジェクトで思わぬ結果が得られないことで冷たい目で見られる覚悟が必要です。

冷たい視線

社員教育や研修の頻度に差がある

大手企業は社員教育が計画的に予算化されていて研修も役職に応じてしっかり実施されます。

社員教育

中小企業では業務優先で差し迫って必要な資格取得に向けての研修だけに限られてくる場合が多いでしょう。

休日が少なくなる

大手企業では残業を削減して適正な労働時間を守る取り組みや育休や介護に関する休暇も完備されている場合が多く、中小企業では対応が難しく年間休日も少ない傾向にあるでしょう。

休日 少ない

企業情報が少ない

大手企業の場合にはネットでホームページや採用された先輩方の体験談の情報を見ることができますが、中小企業の場合には中々詳しい情報を得ることが難しいでしょう。

同業他社に知り合いがいれば直接聞いてみたり、業種によりますが顧客として利用することで会社の対応や雰囲気を確認するしかないです。

年収が低くなる

大手企業と比べると給与の査定水準が低くなるので年収は下がる場合が多いでしょう。

年収 下がる

休みが取りずらい

限られた人員で業務を回しているので有休を取得すると上司や同僚に迷惑をかけてしまう思いが強くなり、気を使い休みを取得することが難しくなります。

将来性や安定性が不透明

将来性 安定性

大手企業は社歴が長く赤字に耐えられる体力があり、リスク回避できる仕組みがあるので経営状態も安定していますが、中小企業の場合にはメインの取引先企業の動向で経営が悪化することもあり、経営者の裁量だけでは立て直しができないことがあるでしょう。

大手ほどの大きなビジネスはできない

中小企業の場合には大手企業からの下請けになる場合が多く、大規模なプロジェクトを直接請け負うことが難しいのでビジネスの規模は抑えられてくるでしょう。

・中小企業への転職リスクまとめ

中小企業へ転職されるマイナス要素をリスクとして捉え事前に対策を講じることが重要です。

その場の感情や勢いで転職してしまうとイメージとは程遠い職場に幻滅してしまい、また転職したくなってしまうことでしょう。

自分自身が優先すべき企業像がどのメリットの項目なのか見極めて、11のデメリットを凌駕するのであれば中小企業へ転職を決断されても宜しいでしょう。

そうでなければ一旦冷静になり考え直す必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする