転職を失敗したら出戻りするべきか?成功する11の秘訣

転職 出戻り

他社に夢を抱いて転職をしたものの現実は厳しく思っていた仕事内容でないし、人間関係も難しく妻にも言えませんが、正直失敗したと思っています。

こらから新たな会社へ転職するのも考えものだし、今となっては以前の職場が懐かしく感じます。

元の上司に相談して出戻りできないか悩んでいます。

このようなお悩みの方へ出戻りするべきか、留まるべきか、新たな会社へ飛び出すべきか一緒に考えていきましょう。

・元の会社へ出戻りしずらい理由

長年勤めてきた会社では、重要な案件も苦労を重ねながらもどうにか成功させて実績を残してきたことでしょう。

上司からも信頼されていて気が合う同僚や可愛い部下と共に、愛社精神は誰にも負けないと思っていました。

いつのころからか自分の業績に対する社内での評価や待遇に若干の不満を抱くようになり、他社であれば自分を認めてくれて、スキルを遺憾なく発揮できるだろうと転職を決意します。

当然上司からの慰留や同僚から説得を何度も受けますが決意は固く振り切って飛び出します。

新たな職場は、外から見たイメージと違い経営者が現場に細かく口出ししてきて思うようにできないし、同僚も足の引っ張り合いで協力関係も乏しく人間関係が最悪です。

煩い 上司

正直、元の会社の方が断然居心地が良くて出戻りしたいのですが、男としてのプライドもあるし、みんなを裏切ってきた感があり出戻りすることを躊躇してしまいます。

このように夢を抱きながら転職をしても失敗したと感じることは珍しいことではありません。

転職した会社に居座ってどうにか頑張ってみるのか、もっと居心地が良い会社を求めてもう一回転職をするのか、もしくは頭を下げて出戻りするのか選択しなければなりません。

・今の会社に留まるか?更に転職する?それとも出戻り?

転職を決意するには、それなりに理由があり仕事の内容や待遇、役職、有名企業への憧れなど様々でしょう。

実際に勤めてみると思っていた条件と違っていて権限が与えられなかったり、休日出勤や残業が多いなど出戻りを考えたくなる現状があります。

残業

ではどうすれば良いのでしょうか?

転職先に留まる

いろんな不都合があるのは分かりますが、元の会社を振り切って飛び込んで来た訳ですから、仕事がしやすくなる環境に自分が変えて見せるくらいの気迫でその会社に留まります。

実績を重ねていけば社内的にも認められて見方も増えてくるでしょう。

ただし不満を抱えながらの仕事は効率が悪くなり悪循環に陥る可能性もあり、自分自身もストレスを溜めこむことになるので注意が必要です。

ストレス

新たな転職先を見つける

ここが駄目ならもっと良い条件の会社を見つけてもう一度転職すれば良いでしょう。

新たな転職先

同じような失敗をしないよう企業情報を詳細にリサーチして転職をすれば、自分の実力を十分発揮できることで後悔することもなくなるでしょう。

ただし年齢的な制限で思うように希望に合う転職先が探せなかったり、在職期間が極端に短いとまた退職されないかと警戒されるので数年は勤められたてからの方が良いでしょう。

出戻りしないで済む転職先をお探しの方に、参考になる記事を書きました。ご覧ください。

外資系企業や国内大手企業の管理職求人で有名なjacリクルートメントに興味があるけども自分の年齢で大丈夫なのか?運営会社はどうなのかなど不安なものです。jacリクルートメントのメリットやデメリット口コミ情報などを紹介しますので活用されて下さい。

元の会社に出戻りする

転職先の会社で不満を抱えながら過ごすのはきついし、条件の良い企業を新たに探して転職するにしても勤めてみないと分からない部分もあるので、心配だなと感じているなら元の会社に出戻りするしかないでしょう。

お詫び

出戻りした場合のメリットやデメリットを見てみましょう。

・転職で失敗しても出戻りする選択

私の周りでも転職後にプレッシャーがきつく出戻りしてきた同僚がいます。

出戻りに関する全国的な調査があり、およそ半分の企業で再雇用している結果があるようです。

元の企業側としては中途採用でも業務に慣れるまでに時間もかかるし、問題を起こした人物でなく、仕事がそれなりに出来る人材であれば受け入れたいと言うのが正直なところでしょう。

出戻りのメリット

業務内容を把握している

担当している業務であれば内容は全て把握しているし注意ポイントも熟知していて一から覚えないで済みます。

社内のシステムを使いこなせる

社内システム

業務を管理するために会社独自のシステムを使っているのであれば、マニュアルを確認しないでもある程度は操作することができます。

社内の人間関係

上司や同僚、部下の役所や役割、名前も当然知っているので業務の調整がしやすいでしょう。

社内 人間関係

自分を評価してくれている上司がカバーしてくれたり、仲に良い同僚とまた一緒に仕事ができます。

社外の人間関係

取引企業の担当者や取引内容を把握しているので業務遂行がしやすいでしょう。

社外の人間関係

他社での経験を持ち帰る

転職先で優れている業務上の優位な点をや悪いところを伝えることで業務改善することができます。

他社 経験

自分の不甲斐なさが分かる

外に出て初めて分かることもあります。

他社に比べて仕事がしやすい環境だったことを身に染みて実感できるでしょう。

不甲斐なさ

出戻りのデメリット

同僚や上司の対応

同じポジションを競った同僚や別の派閥の上司からは冷たい視線を浴びるでしょう。

上司 冷たい

真面目に勤めてきた社員に対しての示しがつかないので、裏切り者として辛く当たられることもあるかもしれません。

上層部や人事課の考え

会社を裏切って転職したことで、またいつか辞めてしまう恐れがあると中々信用されないでしょう。

上層部 人事課

転職先で問題を起こしていないか調べられます。

以前の部下に使われる

一旦退職したことで役職は解かれるので以前部下だった年下の上司に従うことになるでしょう。

若い 上司

待遇が下がる

出戻りの場合あれこれと条件を付けることは難しいので、年収や役職が下がることは覚悟すべきでしょう。

イメージダウン

以前は真面目でバリバリ仕事をこなすイメージだったのが、転職を失敗して出戻りしたことで愛社精神が無くてお金や名誉で動く人間だと思われるでしょう。

お金優先男

周囲が気をつかう

自分が勤めていたときとでは新しい社員も増えていたり、元の部下だった社員もいるので気を使っているのが分かり申し訳なく感じます。

・元の会社への出戻りを成功させるコツ

社内の現状を知る

戻りたくてもポジションに空きが無くてはしょうがありません。

元の上司や同僚と連絡を取り合って社内の現状を聞き取りしましょう。

元同僚 連絡

組織の改変なども頭に入れて自分と一緒に仕事を経験したことがある方が重役だったり、事業部のトップになっていたら出戻りの可能性が高まります。

肩身が狭いのは割り切る

どうしても暫くは周りの同僚に馴染めずに肩身が狭い思いをするでしょう。

悪い噂

最初の6ヵ月間の辛抱なので打ち解けるように積極的にコミュニケーションを取りながら笑顔を振りまいても良いし、私語を謹んで猛烈に仕事に打ち込むのも悪くないです。

どの部署でもやる

できれば自分が今までやってきた部署で働けることがベストですが、会社の都合もあるので謙虚さを持って「どこでも頑張ります」と言いましょう。

頑張る姿勢

実績が認められれば配置転換もあるので数年間は我慢するのです。

会社の業績向上に貢献する

退職により迷惑を掛けてしまった負い目を忘れずに、がむしゃらに業務を遂行して結果を出すことで経営陣に出戻りさせて良かったと思われるようにしましょう。

待遇に不満を持たない

役職が下がることは当たり前でしょうが、収入面でもあまり高望みしないである程度はお任せした方が良いでしょう。

待遇 不満

経験年数に応じた適正な待遇を考慮してもらえるはずです。

出戻りの立場を弁えて細かな事を言い過ぎないようにしましょう。

信頼を取り戻す

人の嫌がる仕事を率先してやりましょう。

信頼を取り戻す

一旦退職してしまうと業績もリセットされてしまうので「この人は相変わらずよく働くな」と感心されるくらいにバリバリ働きましょう。

繁忙期であれば夜間の残業や休日出勤も手を上げて困っている上司や同僚を助けます。

この積み重ねが人間関係を円滑にするので1年間は頑張りましょう。

お土産(経験)を持ち帰る

在籍していた企業独自の仕組みを経験を通して自社の財産にしましょう。

勿論悪い部分も同じようなミスに繋がらないように、情報提供することで業務改善に繋がります。

円満退職している

退色する際に十分話し合って会社側も納得する形で円満退職している方が良いでしょう。

円満退職

年休消化を優先して業務の引き継ぎも中途半端で去っているのなら問題です。

上司と連絡が取れる

可愛がってもらった元上司が今も重要なポストについているなら相談してみましょう。

上司 連絡

人事課や経営陣への後押しをしてもらえると最高です。

そのような上司がいないのであれば同僚でも構わないので連絡してお願いしてみましょう。

もう一度後悔しないように考える

一度転職で失敗している身です。

同じ失敗はしてはいけません。

現状の会社で継続できないのか、それとも新たな転職を探してみようか、やっぱり元の会社に出戻りしようか後悔しないように頭の中でシュミレーションして間違いのない選択をしましょう。

家族の協力を得る

転職をするときにも奥さんや両親、子供たちとも相談されたことでしょう。

「また同じ会社に戻るの?」

「最初から辞め無ければよかったのに」

と言われるでしょうが収入が減る可能性もありますし、信頼されるまでは休日出勤や残業も率先してやらなければならず、覚悟しなければならないので家族にも納得してもらう必要があるでしょう。

妻 相談

・まとめ

外から見る企業の内情とは難しいもので、実際に勤めて見ないと細かな部分までは分かりません。

上手く順応して働ければ良いのですが、仕事の内容や人間関係で行き詰ると我慢できなくなります。

転職が失敗したと感じているのなら留まるのか、転職するのか、それとも出戻りを決意するのかよく考えましょう。

成功する出戻りの注意ポイントを確認しながら夫婦で話し合われて決断されて下さい。

転職活動に疲れた方に参考になる記事を書きました。ご覧ください。

転職活動で心身ともに疲れ果ててしまうことがあります。内定が貰えない日々が続いてしまうと面接での極度の緊張状態に不採用で落胆、家に帰れば家族を養わないとならない焦りで気が休まる暇がない。そんな方に転職疲れから復活する8つの方法を紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする