生命保険を節約するには?最小限の保証に見直すだけで大幅に削減できる

会社関係や親戚、知人などのお付き合いで生命保険に加入されている方は多いのではないでしょうか?

私も知人からの勧めで、若いころから生命保険に加入していました。
毎月の支払いだけではイメージしずらいと思いますが、保証内容を見直すだけで節約になり家計に大きなプラスをもたらします。

・現状の生命保険でムダは無いですか?

たとえば自動車を購入したいと考えた場合には、車両の性能や燃費などをメーカーごとに比較検討して、少しでも安くて性能の高い車両を選びます。

当然1度見たくらいで購入するはずも無く、何度も展示場に足を運んで、乗り心地や家族の意見も聞きながら慎重に考えます。

果たして生命保険をそこまで検討して加入されましたか?

私のように知人からの勧めや、仕事場に訪ねてきた保険外交員の粘りに負けて加入される場合もあるかもしれません。

どれくらい大きな買い物をしているのか算出してみましょう。

たとえば23歳の時に月32,000円の生命保険に加入すると年間で384,000円にもなります。

その保険を払い続けて80歳になりました。

年間384,000円×57年=21,888,000円を支払うことになるのです。

普段は月々の支払いで意識していなかったと思われますが総額で21,888,000円もの金額で、不動産と匹敵するくらいの大きな買い物をしていたことに気づきます。

・生命保険を見直して節約する方法

ご自分の生命保険も先ほどと同じように、年間の保険料と加入予想年月で実際に算出してみましょう。

具体的な金額が算出されたら、どれくらい削って節約したいか考えます。

例えば保証内容の見直しで、毎月の支払金額を3000円削減できた場合には年間で36000円になります。

先ほどの期間を当てはめてみると、年間36,000円×57年=2,052,000円も節約できるのです。

老後の健康や家族のことを思うと、手厚い保障のある生命保険を選ばれる気持ちは良くわかります。

しかし冷静に保険内容を見直してみると、意外と必要のない項目も見えてきます。

ご夫婦で相談されて、必要最小限の保証内容に見直されることで、大きな節約となり貯蓄や住宅ローン返済などへ回すことができるのです。

・まとめ

知人からの勧めで、若いころから生命保険に加入していましたが、保証内容を見直すだけで節約になります。

「現状の生命保険で無駄は無いですか?」

自動車などを購入時には、車両の性能や燃費などを何度も比較検討して慎重に考えます。

しかし生命保険の場合には、仕事や知人の紹介で、あっさり加入される場合も多いことでしょう。

例えば23歳の時から月32,000円の支払いで、生命保険を払い続けると約2200万円もの大きな金額になります。

「生命保険を見直して節約する方法」

ご自分の生命保険も年間の保険料と加入予想年月で実際に算出してみましょう。

例えば保証内容の見直しで、毎月の支払金額を3000円削減できた場合には約200万の節約になります。

冷静に保険内容を見直してみると必要のない項目も多いものです。

生命保険料が高くて、家計の負担になっていると感じているなら、ご夫婦で相談されて、必要最小限の保証内容に見直されることを勧めます。

最近はネットで加入すると割安になる商品もあるようなので、保険会社の見直しも含めて検討されると、大きな節約に繋がることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする