どんどん貯まる上手な貯蓄方法!誰でも気軽にできること

妻と話し合って貯金しようと決意したのに、貯金残高は増えるどころか減る一方です。
どうしても貯蓄できない原因はやり方に問題があるのです。

・貯蓄できない原因は?

貯蓄のできる人とできない人の違いは、優先順位の違いなのです。

今年で60万円貯めようと決めるまでは一緒ですが、問題は貯蓄までのプロセスです。

生活費や娯楽費などをそれぞれ予算枠を決めて、収めようと努力しますが思わぬ出費が発生します。

思わぬ通院や冠婚葬祭などで、いつの間にかにお金が飛んでいきマイナスになっていくのです。

それと厳しく注意してくれる人がいないと「今日は外食しようか」とか「久しぶりにパチンコでもしよう」と甘い誘惑に負けてお金を支出しまくるのです。

その結果今月も赤字、来月も赤字と年末になって集計したら貯蓄どころではない最悪な家計状況です。

・上手な貯蓄方法

人間は弱いもので手元にお金を持っていると、ついつい使ってしまうのです。

ですから貯蓄の額を決めて、毎月強制的に貯めていきます。

貯蓄用の口座を開設して給料が入った日に優先的に貯蓄金額を振り替えるのです。

例えば5万円と決めてしまえば、自動的に年間で60万円の貯蓄が達成できる仕組みができあがります。

そんな簡単にいくのか疑う方もいるでしょうが、何が何でも実行する決意さえすれば貯蓄できます。

しかし不意の出費のために、この口座から引き出してはいけません。

夫婦で共通認識として、残された生活費の中でどうにかやりくりしていきます。

それは難しいと思われる方は、もう一つ急な出費用の口座を開設して、どうしても必要な時だけ緊急的に引き出せる仕組みを作られたらいいでしょう。

・簡単に貯蓄する方法

毎月のことですから給料を引き出して振り合えることが、面倒くさいと思われる方は、ご自分の金融機関のインターネットバンキングを活用してはどうでしょうか。

わざわざATMに並ぶ必要も無く、残業で遅くなった深夜や休日の早朝でも時間に捉われないで、24時間振替ができとても簡単です。

・貯蓄をもっと増やす方法

上手な貯蓄方法を実践して50万円貯蓄できたら、最寄りの金融機関を比較検討して少しでも、利率の良い定期貯金に預け替えましょう。

1年ではあまり実感できませんが5年、10年、30年と積み重ねていくと大きな違いが生れるはずです。

・上手な貯蓄方法まとめ

夫婦で貯金しようと決めても貯金残高は減る一方です。

貯蓄できない原因は、やり方に問題があるのです。

貯蓄できない問題点は、優先順位の違いです。

思わぬ出費でいつの間にかに、お金が無くなり赤字になります。

心の緩みから外食やパチンコに出かけてお金を支出します。

1年の集計をしたら貯蓄どころではない最悪な家計状況です。

上手な貯蓄方法は貯蓄の額を決めて、毎月強制的に貯めていきます。

給料が入った日に優先的に貯蓄金額を振り替えるのです。

夫婦で共通認識として、この口座には手を付けません。

急な出費用の口座を開設して、緊急的に使える仕組みを作るといいでしょう。

簡単に貯蓄する方法は、金融機関のインターネットバンキングを活用して下さい。

残業で遅くなった深夜や休日の早朝でも24時間振替ができて便利です。

上手な貯蓄方法を実践して60万円貯蓄できたら、利率の良い定期貯金に預け替えましょう。

長期的に見れば大きな違いが生れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする