分譲マンションの購入の流れを知っていますか?マイホーム購入の基本

初めてマンションを購入する時には、何をどのタイミングですればいいのか分かりません。
戸惑わない為にもマンション購入の流れを紹介します。

・マンション購入で何をすればいいのか

家族でマンションの内覧に出向いて綺麗なインテリアやベランダからの眺望に、魅了されて購入を検討された方もいらっしゃるでしょう。

しかし一旦冷静に考えて自分たちのやるべきことを計画することが大切です。

営業マンに残り僅かですと勧められて、すぐに内金を入れることは待ってください。

後で後悔しない為にもマンション購入の流れを把握して、慎重に進めていきましょう。

・マンション購入の手順

マイホームは長期ローンで購入することになるので、流れを理解して進めて行かないと希望と違ったマンションを購入してしまったり、借り入れができなくて挫折することもあります。

まずはマンション購入の手順を把握しましょう。

1、マンション購入資金を考える

それぞれの家庭の経済状況で左右される部分ですが、マンション購入のための頭金がどれだけ準備できるのか、毎月の給与の中から住宅ローンの返済にどれくらい回せるのかシュミレーションします。

お勤めの会社やご自分が普段使われている金融機関で相談すると、どれくらいまでならローンが組めるのか調べられます。

候補の物件があるなら休日相談会などを利用して、事前に相談されると良いでしょう。

2、家族の要望をまとめる

奥さんや子供たちの希望を取り入れてどのエリアが良いのか、広さや間取りなどを含めてある程度決めておきます。

この段階で大まかでもマンション購入の予算枠内に、収めるように調整しましょう。

3、マンションの物件情報を収集する

住宅関連雑誌、折り込みチラシやインターネットなどのマンション物件の情報を数多く入手します。

価格の相場やマンションのデベロッパー、販売業者、施工業者などの会社情報や口コミなども調べましょう。

家族で取りまとめた地域や間取り予算などの条件で物件を絞り込みます。

4、マンション内覧会で現地を確認する

物件の見学は現地や仮設のシュールームも含めてできるだけ多く見て回りましょう。

面倒でも徐々に物件を見る目が養われてきて、施工品質の良し悪しが判断できるようになってきます。

マンション内覧会のチェックポイントは、資料と比較して間取りに間違いがないか確認します。

実際完成した建物であれば、眺望や隣接する建物との関係で日照に影響がないか、家族や営業マンに協力してもらい、他の世帯からの生活音が漏れてこないか確かめます。

それと担当者の対応や技術的に知識があるのか、入居後のアフターフォローがしっかりしているのかも気になることろです。

物件によっては値引きができる場合もあるので、ダメ元でも聞いてみて可能であれば忘れず理由を聞きましょう。

5、購入するマンションを決める

物件の情報や現地を見学して問題が無ければ申し込みをします。

後で聞いてなかったとならないように周囲の交通の便や、公共施設や医療機関などの生活環境、駐車場料金、管理費なども漏れなくチェックしましょう。

そして他のお客さんに先を越されないように、仮契約をしますが10万円程度の申込証拠金が必要となります。

家主の都合で他の物件を選んでしまい解約を申し出た場合には、戻ってこない可能性もあるので確認されて下さい。

6、売買契約をします

マンション販売業者から重要事項説明書の説明を受けて、疑問な点はその場で確認します。

大きな買い物なので遠慮せずに小さな疑問でも恥ずかしがらずに聞くことが大切です。

できれば事前に要事項説明書の写しをもらい、事前に目を通してチェックしておくことを勧めます。

問題が無ければお互いの同意により署名、捺印して売買契約を交わします。

7、住宅ローンの申し込みをする

マンション販売業者が提携している金融機関か、ご自分の取引している金融機関へ住宅ローンの申し込みをします。

できれば頭金は物件の価格の20%ですが年収などの返済能力により変ってきます。

事前に予定の物件としてシュミレーションなどの相談をしていると、相手も把握しているのでスムーズに承認手続きをしてもらえます。

8、登記をする

金融機関の住宅ローンが無事承認されたら、登記を行い頭金以外の残金を決済します。

新築の場合には所有権保存登記、住宅ローンを借りた場合には抵当権設定登記が必要で登記費用、仲介手数料、登録免許税の諸費用が必要となります。

・まとめ

マンションの購入の流れを知っていますか?

マンションを購入を焦ると失敗するので営業マンに「残り何戸しかないです」とか言われても内金を入れるのは待ちましょう。

後悔しないように慎重に選びましょう。

「マンション購入の手順」

1、マンション購入資金

頭金がどれだけ準備できるのか、どれくらい住宅ローンの返済ができるの調べる。

2、家族の要望

奥さんなどの希望でエリアや間取りを決める。

3、マンションの物件情報

チラシやインターネットなどの情報を元に、価格の相場やマンションのデベロッパーなどの会社情報や口コミなどを調べる。

4、見学会で現地を確認する

チェックポイントは資料と比較して間取りに間違いがないか確認する。

完成していれば眺望や隣接する建物で日陰にならない、他の世帯からの生活音が煩くないか確認する。

入居後のアフターフォローの内容を確認する。

5、マンションを決める

周囲の交通の便や公共施設や医療機関などの生活環境、駐車場料金、管理費を確認する。

仮契約をするが10万円程度の申込証拠金が必要となる。

解約を申し出た場合には戻ってこない可能性もある。

6、売買契約

重要事項説明書の説明を受け疑問な点は確認する。

問題が無ければ署名、捺印して売買契約を交わす。

7、住宅ローンの申し込み

金融機関へ住宅ローンの申し込みをする。

頭金は物件の価格の20%だが年収により変る。

8、登記

住宅ローンが承認されたら登記を実施して残金を決済する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする