飼い主が自分で躾ができない!愛犬の鳴き声できた苦情にどう対応する

私は以前暮らしていた場所で、愛犬の鳴き声により苦情を言われた経験があります。

その時は、家族全員で悩みましたが解決策を見出しました。

苦情に対して、それぞれの考えがあると思いますが、参考にして頂ければと思います。

犬の鳴き声でどんな苦情がくるのか?

私たちが飼っているのは、ミニチュアダックスフンドです。

小型犬ですが、比較的吠える方だと思います。

長い間家族のように暮らしてきたこともあり、どこかへ出かけようとすると立ち上がり吠えます。

日によって静かな時もありますが、人間と同じように体調や機嫌によると思います。

その日は休日で家族で出かけることになり、支度をして玄関で準備をしていました。

いつものように立ち上がり、鳴き声をあげています。

私なりの解釈では「一緒に連れて行って」と言っている感じです。

頭を撫でながら、「お土産を買ってくるから大人しくしなさい」と言いながら玄関を出ました。

するといきなり、お隣の旦那さんが走ってくるのが見えたのです。

表情が強ばっていて、いつもと様子が違うのは一瞬で読み取れました。

私たちの家族の前に立ち、軽く会釈をすると声を震わせながら言いだしたのです。

「以前から言いたかったことがあります」

「お宅の飼われている犬の鳴き声がうるさくて困っています」

息が途絶えながらも、一生懸命訴えてきます。

私は今まで意識していなかったことにハッとしました。

それはお隣の家とは塀を隔てておよそ5メートルは離れています。

庭で飼っている訳でもないので全く意識していませんでした。

・苦情がきた理由

私は今まで近隣から、犬の鳴き声で苦情を言われたことがない事と、庭で飼っている訳でも無いので、そこまで煩いと思わなかったことを言いました。

そうしたらお隣の旦那さんが言われるのは、奥さんが身籠られていて、つわりが大変でほとんど眠れないそうなんです。

昼間に少し眠ろうとしたら、お宅の犬の鳴き声が気になり精神的に参っているとのことでした。

妻とその話を聞きながら、私たちも同じような経験をしていたので、大変だったんだなと認識して改めて謝罪しました。

自分たちの都合だけ考えていた自分たちに気づき、相手の身になって考える大切さを思い出しました。

早速その日から、愛犬の無駄吠えを直すために、情報を集め出しました。

・犬の鳴き声の対処法

まずは近所のペットショップへ行き、近隣からの苦情で鳴き声を、どうしたら静かにできるか教えてもらいました。

家にある新聞紙を棒状に丸めて、ガムテープで固定します。

それをあちらこちらに置くために、3~4個準備して居間、玄関、居間、廊下に仮置きします。

家族の誰かが出かける様子を見せると、いつものように愛犬は立ち上がり、吠えようとしますがその瞬間に、その棒で「バシーッ」と床を強く叩きます。

驚いて一瞬鳴き止みますが、思い出したように鳴き声を出します。

この方法は効果は多少ありましたが、私だけではなくて、家族が全員が共通認識して、誰かが留守番していて、誰かが出かける

瞬間に、その場その場で床を叩かないといけないので、その環境を維持するのが難しく断念しました。

次に実行したのが電流が流れる首輪です。

ネットで検索して分かったのですが、躾に困った飼い主さんに人気で、口コミでも効果絶大と書かれていたので、広告に釣られて購入しました。

ピンからキリまであり、手動で電流を流すタイプと喉の震えを感知して反応するタイプがあります。

刺激の度合いも調整できる高価な物で試しました。

今までしていた皮の首輪に比較すると、機器がぶら下がっているので重みがあります。

締まり具合で効果が変ると、説明書に書かれていたので強めに締めつけました。

妻に出かけてもらい、私は愛犬の様子を見ていました。

いつものように立ち上がり鳴き声をあげた瞬間に、首輪から「ピーッ」と始動音が流れます。

これが電流が流れている合図らしいのですが、同時に「キャーイン」と弱々しい鳴き声を発したのでした。

微弱の電流で犬の健康が害されることは無いと聞いてはいたものの、その姿を目の当たりにしたら可哀そうでなりませんでした。

苦情対策としても効果はありますが、体に苦痛を与えてしつけする方法には、抵抗があり中止しました。

最後に考えた方法が、犬に口輪を付ける方法です。

この口輪は散歩するときなどに他の散歩中の人や、他の動物に噛みついたりしないようにする物ですが、無駄吠え対策にも使えます。

形状や材質も様々あるので、愛犬に負担がかからない物を優先に使ってみました。

プラスチックのように硬い物で、鼻先を覆い隠すタイプよりも、厚手の布製で鼻先がオープンになっている方が、愛犬にとって抵抗が少なく水程度なら飲むことも可能です。

ストレスを考えて短時間での使用になりますが効果はあります。

口は多少は開くので、無駄吠えが半減する感じです。

しかしお隣への影響は無くなったものだと認識しています。

出入りするたびに口輪を付けたり外したりするのは、手間ではありますが慣れれば苦になりません。

今のところはこの苦情対応策が、自分たちには合っています。

・その他の犬の鳴き声防止法

一般的に考えられるのが、犬のしつけスクールに通うことです。

基本的なトイレや無駄吠えを含めて、問題行動に対応できる確実な方法です。

私は休日などに、ホームセンターなどで開催される、無料のしつけ教室に愛犬を連れて行って、見よう見まねで教えたことはありますが、短時間なので効果がありませんでした。

しっかりした有名な犬のしつけスクールの場合には、飼い主も一緒になってしつけを学びながらカリキュラムを進めるので、ドックトレーナーがいなくても、最終的には自分独りで愛犬をしつけして、問題行動を解消できます。

私の地域でのしつけスクールは数万円かかり、条件としては飼い主も一緒に通わないといけなかったので、仕事の関係で難しく断念しました。

時間の許される方であれば一番確実で簡単に、無駄吠えの苦情対策できる方法ではないでしょうか。

今でも時々実践している方法があります。

それは犬が無駄吠えしそうな時に近くにいて、吠える瞬間に鼻の頭を上から包みながら下へ抑えながら「静かに」と低い声で注意します。

手を放すと立ち上がり吠えだしますので、繰り返し同じように「静かに」と低い声で注意します。

粘り強く実践すれば、犬の無駄吠えを多少なりとも改善でき、苦情を減らすことができるでしょう。

私も連休中にどこも出掛けないで、愛犬と過ごしながら粘り強くしつけした時には、効果があったように思えました。

しかしそれを認識させるまでには、かなりの時間を費やすので私には限界を感じました。

2~3日でもしなければ元に戻ります。

もしそれでも興味があり、ご夫婦で1日中愛犬と過ごせるよゆうが持てる方は、試されてもいいかもしれません。

・まとめ

「犬の鳴き声でどんな苦情がくるのか?」

家族が出かけるたびに吠える。

お隣の家とは塀を隔てて離れていも苦情はくる可能性がある。

「苦情がきた理由」

奥さんのつわりが酷くて眠れず犬の鳴き声が苦痛。

相手の身になって考える大切さを思い出した。

「犬の鳴き声の対処法」

近所のペットショップで教えてもらった新聞紙を棒状に丸めて、犬が鳴いた瞬間に床を叩いて驚かして静かにする方法。

微弱の電流が流れる首輪をつけて、愛犬の鳴き声にそれが反応して矯正する方法。

布製の口輪を出掛ける際に愛犬に付けることで、鳴き声を低減させる方法。

「その他の犬の鳴き声防止法」

犬のしつけスクールに通わせる方法が確実だが、飼い主の付添が条件なのと費用が掛かる。

時間があるなら愛犬の鼻先を抑えながら低い声で「静かに」と注意する方法もある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする